話題のカスカラティー、韓国へ輸出

 米スターバックスが、コーヒーの果実(コーヒーチェリー)から種(豆)をとった状態のものを乾燥させたカスカラティー(コーヒーチェリーティー)の新製品を投入した。カスカラティー製品は、通常のコーヒーを使った類似の製品価格の約5倍と高価なことから話題を呼んだ。
 ベトナム国内では、2017年にBazzan Vietnam社がラムドン省産のティピカコーヒーの果肉と皮を原料にした「Tra Cascara」(カスカラティー)を市場投入した。その大半は韓国へ輸出、残りは国内消費となっている。同社の主力事業はコーヒー器具や茶器の販売だが、韓国の取引先の提案もありコーヒーチェリーを使った製品を開発した。現在は韓国企業の注文に応じて生産している。カラカスティーは、完熟したコーヒーチェリーを手作業で種と皮にきれいに分けて48時間天日干しにするなど手間がかかるという。
 コーヒー豆1キロ当たりの平均価格は約3万6,000ドン、ホーチミン市では焙煎コーヒーが1キロ当たり約20万~35万ドンで取引されている。カスカラティは100グラムで2万ドンで、焙煎コーヒーの数倍の価格となっている。
 コーヒーの生産地である中部高原地帯では、コーヒーの果肉と皮は廃棄されるものも多いが、ここ数年では有機肥料の原料としても再利用されている。
(引用元:Thanh Nien 5月28日)

Post in トレンドウォッチ

Related Trend Watch

北部ラオカイ省で 気温低下、多くの学校が休校  北部ラオカイ省では気温が急激に下がり、山地にある幼稚園や小学校が休校となった。  ここ数日、サパ
ホーチミン市、路上駐車料金を徴収  ホーチミン市交通運輸局によると、8月1日から同市1区、5区、10区の道路24本で路上駐車料金の徴収
民間経済開発研究委員会が発足  ハノイで10月30日、民間経済開発研究委員会(第4委員会)が正式に発足した。  第4委員会は、政
日本の高専モデルで産業界の人材を育成  労働傷病兵社会省と全国高等専門学校連合会は先ごろ、「KOSENフォーラムinベトナム」を公式に開始