西鉄、ICカード相互利用開発支援へ参画

 西日本鉄道㈱では、独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する「ハノイ公共交通ICカード相互利用開発支援プロジェクト」に共同企業体の一員として、2017年12月より参画した。
 ハノイ市では、公共交通の整備が進んでいるが、ICカードシステムの導入については公共交通機関ごとに独立して検討がなされている。同プロジェクトは、異なるICカードシステムが構築され、利便性を損ねることを防ぐため、相互利用が可能なシステム構築に必要な設計ガイドラインを定めるものとなる。
 同社は、乗継割引サービスなどのバス乗車サービス機能に特長をもつ交通系ICカード「nimoca」を発行しており、これまで1道5県11事業者が導入している。今回のプロジェクトでは、同社が持つバス・ICカード分野でのノウハウを活かし、相互利用が可能なバスに関するシステム設計を支援する。
(引用元:西日本鉄道株式会社ニュースリリース 2月8日)

Post in Business

Related Trend Watch

HCM市で複合都市開発、SonKim Landなどが連携  不動産開発大手SonKim Land、Quoc Loc Phat、金融大手べトコムバンクはこのほど
交通事故による死亡者、1~4月に2788人  国家交通安全委員会(NTSC)はこのほど、2017年12月16日~2018年4月15日までの国内の
共英製鋼、ベトナム子会社の株式を追加取得  共英製鋼株式会社は、ベトナム子会社であるVietnam Italy Steel Joint Sto
官庁が昼休憩なしで対応  5月21日、ホーチミン市12区人民委員会は、市民サービス向上の一環として、行政文書の申請受理・交付