西日本鉄道、住宅開発プロジェクト「WATERPOINT」始動

 西日本鉄道株式会社は、ロンアン省ベンルックにおいて、地場の大手住宅デベロッパーであるナムロン・インベストメント・コーポレーションとの共同分譲住宅事業「WATERPOINT」プロジェクトに着手すると7月18日発表した。
 ロンアン省はホーチミン市から車で約45分の距離に位置する人口150万人の都市で、近郊の工場開設に伴う雇用の増加等により、多くの住宅需要が見込まれるエリアだ。
 同プロジェクトは、3000区画超の戸建住宅を中心に、約165㌶にわたる大規模住宅開発。敷地内には学校や病院、バス停などの共用施設のほか、スーパーマーケットなどの商業施設も配置される予定だ。また、同エリアからホーチミン市内に向けた高速バスを通勤・通学の時間帯は約5~15分間隔で運行する予定。
 2023年をめどに全区画の引き渡し完了を目指しており、第一期は2019年から着工し、550区画を販売予定とのこと。

Post in Business

Related Trend Watch

フック首相、サムスンCEOと会談、対越投資のさらなる拡大に期待 ハノイで10月6日、グエン・スアン・フック首相は、 韓国・サムスン電子のShin Jong Kyun
西鉄、ICカード相互利用開発支援へ参画  西日本鉄道㈱では、独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する「ハノイ公共交通ICカード相互利用
地区の警備隊員が顔見知りの6歳男児を刺殺  ホーチミン市タンフー区の路上で、地区の自治警備隊員が6歳の男児の首を刺し死亡させるという事件が発生
フェイスブックのアカウントをハッキング、10億ドン横領  海外在住ベトナム人のフェイスブックアカウントをハッキングした男らが、ベトナム国内に住むアカウント主