藍澤證券、ベトナムの証券会社の株式取得

 藍澤證券株式会社は、1月9日開催の取締役会において、ベトナムの証券会社であり、同社が発行済株式の14・5%を所有するJAPAN SECURITIES INCORPORATED(以下「JSI」)の株式を追加取得し、子会社化することについて決議した。なお、日本法人におけるベトナムの証券会社の子会社化は初めてとなる。
 同社は、アジア株のパイオニアとして香港、韓国、台湾の3市場の取扱いを2000年8月に開始して以来、アジア株の取扱い市場を拡大してきた。そのような中で、成長著しいベトナムの株式市場にも早くから注目し、2009年2月にはベトナムのViglaceraグループが設立したJSIに邱永漢氏、現日本アジアグループ株式会社と共同で出資し、同年8月にベトナム株式の取扱いを開始した。
 同社はベトナム株式取引に関する制限の解除などにより顧客の利便性の向上に努めてきたが、JSIを子会社化することでより質の高いサービスが提供できると考え、80・5%の株式を譲渡により追加取得することとした。これにより、同社のJSIの持ち株比率は95・0%となる。
(引用元:藍澤證券株式会社ニュースリリース 1月9日)

Post in Business

Related Trend Watch

ラオスからベトナムへの麻薬密輸ルートを摘発  北部ディエンビエン省で、ラオスからベトナムにつながる麻薬密輸組織が当局により摘発された。  今年
外食志向が高まる、デリバリーも人気  統計総局によると、1月の宿泊・飲食サービス業の売上は約 45兆ドンの見込みで、前年比では0.5%増
ホーチミン市のスマートシティプロジェクト進捗  6月18日、ホーチミン市人民委員会は、2025年を見据えた2017~2020年期のスマートシティ建
JBIC、トンボ鉛筆が実施する文具用品の製造・販売事業に対する融資 株式会社国際協力銀行(以下「JBIC」)は、9月20日、「海外展開支援融資ファシリティ」の一環として