船員不足が深刻

 ホーチミン市で6月19日、ベトナム航海局は、ベトナム航海大学とホーチミン市交通運輸大学との共催で、6月25日の船員デー(Day of the Seafarer)にちなんだ会合が開かれた。
 席上、船員育成センターは、船員の希望者がいないことから一部の船員育成センターが閉鎖したことを明らかにした。
 航海分野はベトナム経済や生活に重要な役割を果たすが、ここ数年で船員育成センターの一部が閉鎖に追い込まれている。原因は受講者がいないことや、また船員不足が深刻なことから受講者は数カ月の学習後に現場に配置されている。
 米国や韓国など世界の多くの海洋船舶会社がベトナム人船員を高待遇で募集しているが、このような状況では高レベル人材を供給できないという。
(引用元:Tuoi Tre 6月20日)

Post in Local

Related Trend Watch

機内に置き忘れの大金を持ち主に返却  8月8日、ジェットスター・パシフィックBL591便(ダナン発ホーチミン市行き)の機内に乗客が置き忘
鶴見製作所、ホーチミンに子会社設立へ  水中ポンプを主力とした各種ポンプ、環境装置および関連機器の製造、仕入及び販売を手掛ける株式会社鶴見
年初5カ月は貿易黒字  統計総局によると、今年年初5カ月の貿易収支は約1827億9000万ドルに達した。  そのうち輸出
エレベーターのドアに挟まれ男性1人が重傷  3月22日正午ごろ、ホーチミン市5区グエン・チャイ通りにある建物で男性がエレベーターのドアに挟まれ