航空機内の座席をめぐりトラブル、乗客による暴行事件が発生

 ノイバイ国際空港で11月10日、ハノイ発ホーチミン市行きのベトナム航空VN7259便の離陸準備中に、機内で男性乗客2人が座席をめぐってトラブルになった。
 P氏(46)は搭乗後、自身の搭乗券に記載されていた座席にD氏(41)が座っていたため、移動するよう伝えた。しかしD氏は「この席は客室乗務員が調整してくれた。ここは私の席」と言って譲らず、2人は口論となり、しばらく続いた後でP氏がD氏の顔を殴り、D氏は鼻から出血した。
 ベトナム航空は騒動後、2人のフライト継続を拒否し、同機の機長は2人の身柄を空港当局に引き渡した。空港の医療職員が負傷したD氏の手当てをした後、空港公安当局や空港治安当局などが連携の上で2人の事情聴取を行った。
 P氏は、「当時は感情的になってD氏の顔を殴ってしまった」と自らの行為を認め、D氏のけがの治療費を補償したいとしている。
 この騒動により同便の離陸は遅延し、数百人の乗客に影響が出た。
 当局は、P氏がD氏に暴行を加えた行為は規定違反であるとして、P氏に1500万ドンの罰金処分を決定した。
(引用元:Vietnamnet 11月21日/Zing.vn 11月21日)

Post in Local

Related Trend Watch

オフショア開発の人件費アップ、生産性の向上が課題 ホーチミン市で10月19日、情報技術(IT)分野の輸出セミナーが開かれ、国内外の企業から代表者約50
JICA、下水道・排水システムの整備を通じた公衆衛生環境の改善を支援 国際協力機構(JICA)は8月30日、ハノイにてベトナム政府との間で、「ビエンホア市下水排水処理施設
北部で225キロ・グラムの不発弾発見、高速道の建設地  北部クアンニン省でこのほど、ベトナム戦争中の1972年に米軍により落とされた爆弾が発見された。重さ
金正男氏殺害事件、被告はVXガスとの認識ないと主張  昨年2月13日に金正男氏とされる男性がマレーシアで殺害された事件に関与したとして、殺人罪で起訴され