自動化ロボット分野の人材育成を促進

 6月14日、サイゴンハイテクパーク(SHTP)のトレーニングセンター内に日越トレーニング・技術移転センター(VJTC)が開所し、自動化ロボットの研究室も併せて運用を開始した。
 VJTCは、第四次産業革命の中でハイテク企業向けに高度な人材育成を目的として日本側パートナーの支援により設立された。中心となるのは、産業用ロボットとオートメーション分野となる。
 活動内容としては、企業側が必要とする多様な人材ニーズと大学教育とのギャップを緩和するための人材育成プログラムを提供する。カリキュラム作成時から企業側の協力を得て、SHTP内にとどまらずホーチミン市内・近郊の企業向けの人材を育てる。
 VJTCはさらに、両国のパートナー間の連携や技術貿易の強化を通して日本企業からベトナム企業への技術移転を支援促進する。さらに、人材採用面で日本の外国直接投資(FDI)企業やベトナム企業に対する支援や、日本基準での職業能力の評価によって企業向けに労働品質・生産性の向上で支援を行う。
 今回のVJTCの開所は、SHTPと日本側パートナー間の国際基準に準拠した人材育成に関する協力事業の中で重要なマイルストーンとなる。さらに、日越外交関係樹立45周年を記念した両国間の友好協力関係の強化にとっても重要な位置付けとなっている。
(引用元:Sai Gon Giai Phong 6月14日)

Post in トレンドウォッチ

Related Trend Watch

民家で爆発事故、20代 男性が爆竹を自作の疑い  1月5日、中部ゲアン省の民家で爆竹が爆発、住民の男性(21)が重傷を負い、ハノイ市内の病院に搬送さ
三井住友カード、「ベトナムエアラインズカード」を発行  三井住友カード株式会社は、ベトナム航空と提携し、ベトナム航空の日本初となる提携クレジットカード「ベ
ネスレベトナム、ヌクマム市場に参入  スイスの食品大手ネスレ傘下のネスレベトナム社はこのほど、「マギー」ブランドのヌクマム(魚醤)の販売
物流業界、海外勢が 圧倒優位  計画投資省によると、国内の物流企業は零細・小規模で、登録資本金が100億ドン以下の企業が90%に上