立命館大学ベトナム事務所を開設

 立命館大学は、3月28日に英国・インド・中国に続いて、4拠点目となる海外事務所をハノイ市のハノイ貿易大学内に開設した。
 同大学は「スーパーグローバル大学創成支援事業」(SGU)に採択され、グローバル化の取り組みを着実に進めてきた。
 ベトナムは市場経済へ移行して以降、中国と同様に高い経済成長を実現してきており、日越連携の関係強化が期待されている。今回、ベトナム国内の高等教育機関が集中するハノイに拠点を構えることにより、大学や政府系機関などとの緊密なネットワークを構築し、同大学の教育研究活動との連携を強化する。また、ベトナムからの外国人留学生受入の拡大や国内の大学との連携、日系企業やベトナムを拠点に活躍する同大学校友とのネットワークを強化する。
 これらの活動を通じ、将来的にはASEAN地域における同大学のプレゼンス向上とブランド力を形成する。
(引用元:立命館大学ニュースリリース 3月29日)

Post in Business

Related Trend Watch

越の消費者信頼感指数が124に、世界4位  米民間調査機関の全米産業審議会による消費者信頼感調査で、ベトナムの消費者信頼感指数は2018年第1
鉄道、ハノイ駅とサイゴン駅で自動改札を導入  ベトナム鉄道総公社は12月15日、ハノイ駅とサイゴン駅で自動改札機を正式導入した。  利用者は、
訪越外国人観光客数、8月単月で過去最高を記録 ベトナムを訪れる外国人観光客数が、単月で過去最高を記録した。 統計総局によると、8月にベトナムを訪
石炭・鉱物産業グループが数千人規模のリストラを実施  ベトナム石炭・鉱物産業グループ(VINACOMIN)によると、2017年の売上は前年比7・3%増の