漁船乗組員の労働輸出、法令順守意識の低さなど問題も山積

 ベトナム労働輸出協会(VAMAS)によると、2017年に漁船乗組員として輸出した労働者数は約5000人で、輸出先は台湾、韓国、日本などとなった。
 2017年は、漁船乗組員の労働者の確保が難しく、人材は主にゲアン省、ハティン省、クアンビン省などの出身者が占めた。
 ベトナムの漁船乗組員は専門スキルや法令順守意識が高くないことから、海外での就労時には制約が大きい。今後VAMASは採用活動を強化して人材を確保し市場の需要に対応、労働者に対しては高収入の雇用機会を創出する。
 現在、国内では漁船乗組員の海外への労働者供給事業では15社が許可を得ており、沖合漁業が中心となっている。
(引用元:Nguoi Lao Dong 1月9日)

Post in Business

Related Trend Watch

伊藤忠、VINATEXとさらなる資本・業務提携  伊藤忠商事株式会社(以下「伊藤忠商事」)は、子会社であるITOCHU Textile Promin
ハロン湾のクルーズ船で乗員が乗客の現金を窃盗 9月2日、世界遺産ハロン湾(クアンニン省)のクルーズ船で、船客部門スタッフが乗客の金を盗むという事件
ホーチミン市1区で発生した窃盗被害など ◇工事の足場崩落 ①3月9日午後7時30分ごろ、フードンロータリー近くの8月革命通りで、雨風の影響
インスタントラーメンの消費でベトナムは世界4位、高価格品では外国産が人気  世界ラーメン協会(WINA)によると、ベトナムはインスタントラーメンの消費で世界4位となった。トッ