滋賀県、クアンニン省と環境・経済分野の協力に関する覚書を締結

滋賀県は、クアンニン省と、環境保全と経済発展の両立に向けて協力する覚書を締結した。
滋賀県は平成27年度より独立行政法人国際協力機構(JICA)を通して、クアンニン省において水環境等に関する技術指導などを行っている。この覚書締結を契機として協力関係を相互に有益なものへと発展させ、クアンニン省における環境保全と経済発展の両立に貢献するとともに県内の産学官民で取組む水環境ビジネスを一層推進していく。
クアンニン省は、世界遺産である景勝地ハロン湾を有しており、近年急速に観光地化が進み、水質汚濁等の環境問題が顕在化している。協力にあたっては、滋賀県の県民、行政、企業、大学等が一体となり、水環境の保全と利用を進めながら経済発展を同時に可能としてきた「琵琶湖モデル」の経験や技術、ノウハウを活用していく。
(引用元:滋賀県庁ニュースリリース 10月25日)

Post in Business

Related Trend Watch

大学の構内でコンクリート片が落下、学生が死亡 10月17日、ホーチミン市技術大学(HUTECH)で、天井から落下したコンクリート片が男子学生の頭部
ベトナム航空、パイロットを自社養成 ベトナム航空(VNA)は、主力機であるエアバスA321シリーズの操縦士を自社で養成する方針で、A32
「花嫁探し」の外国人男性を狙った強盗事件が発生 カントー市で10月18日、「花嫁探し」のためにベトナムを訪れた中国国籍の男性2人が、同市在住のブロー
鉄道の車内食が変わる、機内食レベルのメニューを試験導入 列車内で提供される車内食が変わる。サイゴン鉄道運輸社およびハノイ鉄道運輸社は、タンソンニャット空港サ