森・濱田松本法律事務所、 ホーチミンオフィス開設申請

 森・濱田松本法律事務所はベトナム政府当局に対し、ホーチミン市に現地オフィスを開設する申請手続きを行ったと4月30日発表した。今年夏頃の業務開始を目指す。
 同事務所は、1998年には北京オフィス、2005年には上海オフィス、2012年にはシンガポールオフィス、2013年にはバンコクデスク、2014年にはヤンゴンオフィス、2016年にはジャカルタデスクを開設し、いち早く中国業務に積極に取り組むとともに、他のアジア新興国についてもアジア関連業務に関するリーガル・サポートを提供してきた。
 これまでは、東京・シンガポール・バンコクの各オフィス・デスクを拠点としつつ、現地提携法律事務所に日本人弁護士を長期駐在させながら、ベトナムに関する様々な先駆的案件に関与してきたが、特に近時、案件が急増するとともに、ベトナム現地におけるサポートの必要性が一段と高まっていることから今回の申請に至ったとのこと。

Post in Business

Related Trend Watch

MKグループ、ブラジルのスマートカード企業に出資  ベトナムのMKグループはこのほど、スマートカードの製造を手掛けるブラジルのALTEROSAの株式2
JBIC、酒井板金が実施する精密板金の製造・販売事業に対する融資 株式会社国際協力銀行(以下「JBIC」)は、9月21日、「海外展開支援融資ファシリティ」の一環として
韓国の化粧品各社、越市場での展開加速  韓国の化粧品各社がベトナム市場での展開を加速している。在越韓国ビジネス商工会議所(KORCHAM)
英国がデング熱予測プロジェクトに支援  在ベトナム英国大使館によると、イギリス宇宙局は、デング熱予測の対越支援で600万ポンド(約1900