東邦銀行、ドンバンⅢ工業団地インフラ開発会社と業務提携

 福島県の東邦銀行は4月27日、ハナム省のドンバンⅢ工業団地インフラ開発株式会社と業務提携に関する協定書を締結した。
 今回の提携により、同行が紹介する顧客が同社の開発・運営するドンバンⅢ工業団地に進出する際、土地使用権価格やレンタル工場賃料の優遇等を受けることが可能となった。
 同社との提携は、東北地方に本店を置く金融機関としては初めてだという。
 東邦銀行は、2017年2月からベトコムバンクへ行員を派遣するなど、ベトナムに進出する顧客の支援に積極的に取り組んできた。引き続き、海外へ事業展開する顧客のニーズに応えるとともに、福島県経済の国際化に貢献できるよう努めていくとしている。

Post in Business

Related Trend Watch

日本産のパンプキンシード、高価だが人気  日本産のかぼちゃの種(パンプキンシード)は価格が他国産の7~9倍と高額だが、多くの消費者からの支持
ビンコム・ショップハウスがホアビン市でオープン  小売大手ビンコム・リテール(Vincom Retai)はこのほど、ホアビン市に新たな商業施設「ビン
リオン、ホーチミン市立耳鼻咽喉科病院と覚書を締結 リオン株式会社は、ホーチミン市立耳鼻咽喉科病院(EAR, NOSE & THROAT HOSPITA
Grabのフードデリバリー、ホーチミン市で試験運用  配車サービスのGrabは、5月10日からホーチミン市でフードデリバリーサービス「Grab Food