昭和産業、ベトナム現地法人を設立

昭和産業株式会社は、10月20日開催の取締役会において、ベトナムに同社100%出資の現地法人の設立を決議した。
同社はベトナムでプレミックスの製造販売を行うインターミックス社に2013年より資本参加を行い、現在技術者が駐在している。近年ベトナムの食品市場は人口増と所得増の相乗効果で市場の拡大と高付加価値化が続いており、今後さらに注力すべき市場となっている。このベトナム市場に対してより一層の経営資源を投入するべく、現地法人を設立することとした。
同社は90周年を迎える2025年度に向けた長期ビジョン「SHOWANextStage for 2025」を今年2月に発表し、その基本戦略の一環として事業領域の拡大を目指している。
(引用元:昭和産業株式会社ニュースリリース 10月20日)

Post in Business

Related Trend Watch

ハノイでヒナギクが満開、フラワーガーデンでの写真撮影が人気  ハノイでは街中にヒナギクの白が映える季節になった。タイホー区のクアン・バー花市場では、1束3万50
EJEC、土木大学との技術協力・市場開発などで覚書締結  株式会社エイト日本技術開発(以下「同社」)は、2017年12月12日、ベトナム国家土木大学(Nat
アパレル小売り、越が重要市場に  約1億人の人口を抱え、若年層の多いベトナムは1人当たりの所得が伸びていることもあり、アパレル小売会
スイッチスマイル、BEACONプラットフォーム・LINE APIシステムの開発で日本・東南アジアへの体制を強化 株式会社スイッチスマイル(以下「スイッチスマイル」)は、日本と東南アジアで需要が増大しているBeac