日本コンクリート工業、地場企業らと合併会社を設立

 日本コンクリート工業株式会社は、地場企業ら3社と合弁会社の設立に向け基本合意し、MOU(協定覚書)を締結したと6月4日発表した。
 3社とは、地場の土木工事会社であるFECON CORPORATION、コンクリート二次製品メーカーである SONG DAY CONSTRUCTION MATERIALS PRODUCTION JOINT STOCK COMPANY、国内のコンクリート二次製品メーカーである旭コンクリート工業株式会社および既設コンクリートの診断・調査会社であるグローバルワークス株式会社。
 工場の建設予定地はバクニン地区。合併会社設立の目的について同社は、ベトナムは近年、経済の高成長を維持しており、今後もインフラ整備の進展が見込まれることから、プレキャストコンクリート製品の旺盛な需要に応えるためとしている。

Post in Business

Related Trend Watch

バイクがシクロと衝突、バイク運転の男性が腹部に重傷負い死亡  1月16日午前9時ごろ、北部ハイフォン市で、バイクとシクロが衝突する事故が発生した。  バイクを
ミズノの初等義務教育・運動プログラム導入普及促進事業が、ジェトロ支援プロジェクトに採択 美津濃株式会社が開発した子供向け運動プログラム「ヘキサスロン」を使ってベトナムの初等義務教育における
深夜アルバイトが学生に人気  24時間営業のコンビニエンスストアやカフェなどでの深夜勤務のアルバイトが一部の若者に人気だ。  
Trung Nguyen コーヒーが 上海に駐在員事務所を開設  Trung Nguyenグループは11月23日、中国・上海に駐在員事務所を開設した。  開所式に