日本コンクリート工業、地場企業らと合併会社を設立

 日本コンクリート工業株式会社は、地場企業ら3社と合弁会社の設立に向け基本合意し、MOU(協定覚書)を締結したと6月4日発表した。
 3社とは、地場の土木工事会社であるFECON CORPORATION、コンクリート二次製品メーカーである SONG DAY CONSTRUCTION MATERIALS PRODUCTION JOINT STOCK COMPANY、国内のコンクリート二次製品メーカーである旭コンクリート工業株式会社および既設コンクリートの診断・調査会社であるグローバルワークス株式会社。
 工場の建設予定地はバクニン地区。合併会社設立の目的について同社は、ベトナムは近年、経済の高成長を維持しており、今後もインフラ整備の進展が見込まれることから、プレキャストコンクリート製品の旺盛な需要に応えるためとしている。

Post in Business

Related Trend Watch

Trung Nguyen、中国でコーヒー売り込みへ  Trung Nguyen Legendはこのほど、中国での「G7」ブランドのコーヒー製品の販売に向
エビの出荷前に異物を注入  メコンデルタ地域・カマウ省で、エビに異物を注入していた業者が当局により摘発された。  同省公安環
青森・愛媛・鹿児島県が対ホーチミン市投資・貿易促進に期待  ホーチミン市では、日本の県知事や市長の訪問が相次ぎ、同市人民委員会のグエン・タイン・フォン委員長が
ザップ将軍の本が発売、越・韓国語の二言語表記  知将として知られ、2013年に亡くなったボー・グエン・ザップ将軍に関するベトナム語と韓国語の二言語