日ベトナム交通運輸技術連携セミナーが開催

 秋本国土交通大臣政務官は、1月16日から18日まで、ベトナムに出張し、日ベトナム交通運輸技術連携セミナーへ参加した。
 併せて、テー交通運輸大臣、フォン計画投資副大臣およびハー天然資源・環境大臣と会談を行った。
 日ベトナム交通運輸技術連携セミナーでは、日本のインフラの導入を促進するため、日本の交通分野のソフトインフラ(技術・基準、運営、人材など)を紹介することにより、「質の高いインフラ」について理解を深めた。
 テー交通運輸大臣との政策協議では、ロンタイン新国際空港建設計画について、日本企業が参画できるようトップセールスを行うとともに、高速道路PPP事業やハノイ市都市鉄道事業、南北高速鉄道建設計画などの協力事業に関わる進捗を確認した。
 フォン計画投資副大臣との会談では、日本企業が実施する円借款事業について政策協議を行った。
 ハー天然資源・環境大臣との会談では、土地関連分野、地図・測量分野などについて政策協議を行った。
(引用元:国土交通省ニュースリリース 1月23日)

Post in TOP記事

Related Trend Watch

AFC U―23選手権、ベトナム決勝進出の祝福で交通が大混乱  1月23日に開催されたサッカーAFC U―23選手権の準決勝戦で、ベトナム代表がカタール代表に勝利
地区の警備隊員が顔見知りの6歳男児を刺殺  ホーチミン市タンフー区の路上で、地区の自治警備隊員が6歳の男児の首を刺し死亡させるという事件が発生
国内ロジスティクス産業、エキスパート人材の育成が課題 国内のロジスティクス産業は、2025年までにエキスパート人材が新たに約30万人必要となるが、質の高い
恋人から別れ話、ガソリンをかぶって焼身自殺を図る  北部バクニン省で10月30日、恋人の女性から別れを切り出された男性が焼身自殺を図るという事件が起こ