対外債務残高が5年間で 800億ドル超に

財務省が先ごろ公表した「公的債務報告書No.5」によると、2011~2015年期における対外債務残高は約808億ドルに上る。
そのうち政府の債務が396億ドル、企業の債務が412億ドルとなる。公的債務残高は2015年まででGDP比61%(国会で決議された対GDP比の上限は65%)で、2011年の54・9%から大幅に上回った。
ベトナムは外国からの優遇融資は今後削減されることから、政府は2014年から国内債務にシフトしており、国内債務残高は2011年の約200億ドルから、2015年には約540億ドルまでになった。
2011~2015年期の政府保証債務の借入額・返済額については、2015年の政府保証債務は約210億ドルで、2011年の130億ドルから大幅増、そのうち対外債務が約113億ドルと大半を占めた。
財務省は、公的偶発債務により、公的債務や債務返済義務で政府負担が増大する恐れがあるとしている。
(引用元:Thanh Nien 9月23日)

Post in Business

Related Trend Watch

テト帰省・旅行者で空港や道路交通が大混雑の見込み  タンソンニャット国際空港は、2018年の 旧正月期間中の航空便利用者に対し、搭乗手続きなどに関して
ホーチミン市中心部で発生したひったくり、窃盗被害など ◇ひったくり被害 ①1区レタントン通り12番地付近で、マレーシア国籍の男性(1974年生まれ)が散
ハロン湾のクルーズ船で乗員が乗客の現金を窃盗 9月2日、世界遺産ハロン湾(クアンニン省)のクルーズ船で、船客部門スタッフが乗客の金を盗むという事件
トーキンのベトナム工場が創立20周年  株式会社トーキンの海外生産基地の1つであるトーキンエレクトロニクスベトナムが、今年で創立20周年を