対外債務残高が5年間で 800億ドル超に

財務省が先ごろ公表した「公的債務報告書No.5」によると、2011~2015年期における対外債務残高は約808億ドルに上る。
そのうち政府の債務が396億ドル、企業の債務が412億ドルとなる。公的債務残高は2015年まででGDP比61%(国会で決議された対GDP比の上限は65%)で、2011年の54・9%から大幅に上回った。
ベトナムは外国からの優遇融資は今後削減されることから、政府は2014年から国内債務にシフトしており、国内債務残高は2011年の約200億ドルから、2015年には約540億ドルまでになった。
2011~2015年期の政府保証債務の借入額・返済額については、2015年の政府保証債務は約210億ドルで、2011年の130億ドルから大幅増、そのうち対外債務が約113億ドルと大半を占めた。
財務省は、公的偶発債務により、公的債務や債務返済義務で政府負担が増大する恐れがあるとしている。
(引用元:Thanh Nien 9月23日)

Post in Business

Related Trend Watch

台風上陸の混乱を狙いバイクを窃盗  11月4日、中部カインホア省ニャチャン市で、台風の影響による混乱状態を狙った窃盗事件が発生した。
FDI誘致、年初8カ月で230億ドル 計画投資省外国投資庁によると、年初8カ月における外国直接投資(FDI)総額は、前年同期比45.1%増
大和ハウス、ハイフォン市に超高層街区「ウォーター フロント シティ プロジェクト(仮称)」を開発。2020年に開業予定 「大和ハウス工業」(大阪市、大野直竹社長)は3月27日、ゼネコンの「フジタ」(東京都渋谷区、奥村洋治
ホーチミン市内のバーなどで麻薬摘発が相次ぐ ホーチミン市人民委員会は、市内のクラブやバー、カラオケ店などでの違法行為が増加傾向にあることを受けて