子どものSOSの電話相談窓口がリニューアル、管轄機関の連携を強化

 ハノイで12月6日、労働傷病兵社会省の主催で「子どものSOSの相談窓口」の開設にちなんで式典が行われ、ヴ・ドゥック・ダム副首相兼国家児童委員会委員長らが出席した。
 この窓口は電話番号「111」で、開設の目的は、子どもやその家族からの相談・通報、関連当局や教育機関などからの通達を受理、処理にあたる。年中無休で24時間対応、通話料や相談料は無料となる。
 子どもの相談窓口としては、13年前に相談窓口「18001567」が開設・運用されてきたが、今回の新しい番号への変更を機に、より機能を強化する。具体的には、関係者や関連当局が連携の上で情報を確認し、子どもを保護するための早急な支援体制が整う。また、子どもの権利を保護するための法律や政策、知識に関する情報を提供し、子どもやその家族に対するカウンセリングなどを行う。
(引用元:Sai Gon Giai Phong 12月7日/ Tuoi Tre 12月7日)

Post in Local

Related Trend Watch

日本の化学物質対策に関する経験を共有  ハノイで3月9日、日本の環境省は、ベトナム天然資源環境省などの化学物質対策の担当者を対象として日本
FDIのホテル投資が活況、ベトナムの観光ポテンシャルに着眼 計画投資省外国投資庁によると、今年年初9カ月の外国直接投資(FDI)の登録総額は、前年同期比約33%
ホーチミン市で街路樹の倒木が相次ぐ  ホーチミン市公園緑地社によると、今年年初以降から6月12日現在までに、市内では大雨の後に街路樹の倒
スタートアップ・デー開催、各国から企業が参加  ホーチミン市で8月25日、スタートアップ企業の集まるイベント「ベトナム・スタートアップ・デー201