大阪府と住友商事、第二タンロン工業団地に関する協定締結

 大阪府と住友商事株式会社、および住友商事が運営・展開するベトナムの第二タンロン工業団地(フンイエン省)は、大阪府内企業のベトナムにおける事業展開を支援することを目的に、同工業団地へ新規入居する府内企業に特化したサポートを導入する旨の協定を締結したと4月16日発表した。
 今回、住友商事と大阪府は第二タンロン工業団地のレンタル工場の一部を「大阪府インダストリアルパーク」として活用する協定を締結し、府内企業のベトナム進出をサポートする。
 今後は、「大阪府インダストリアルパーク」に入居する企業向けに初年度管理料の免除等の優遇措置を実施する。既に、協定の適用第一号案件として、株式会社ダイジ(大阪府茨木市)が進出を決定したとのこと。2018年3月に現地法人を立ち上げ、2018年7月には操業を開始する予定。

Post in Business

Related Trend Watch

火災被害のマンション修繕が完了  ホーチミン市8区のマンション「Carina Plaza」では今年3月23日未明に火災が発生、13人
シボレー「Trailblazer」、小売価格を正式発表  米ゼネラル・モーターズ(GM)はこのほど、仏自動車「シボレー」ブランドの7人乗りスポーツ多目的車(
Petrolimex、2018年からオクタン価92を販売停止、バイオ燃料で代替 2018年1月1日から、ベトナム石油グループ(Petrolimex)は、オクタン価92ガソリン(RO
ワールドカップ需要、液晶テレビのレンタル盛況   ワールドカップ2018のベトナム国内での放映権をベトナムテレビジョン(VTV)が取得したことを受け