大阪府と住友商事、第二タンロン工業団地に関する協定締結

 大阪府と住友商事株式会社、および住友商事が運営・展開するベトナムの第二タンロン工業団地(フンイエン省)は、大阪府内企業のベトナムにおける事業展開を支援することを目的に、同工業団地へ新規入居する府内企業に特化したサポートを導入する旨の協定を締結したと4月16日発表した。
 今回、住友商事と大阪府は第二タンロン工業団地のレンタル工場の一部を「大阪府インダストリアルパーク」として活用する協定を締結し、府内企業のベトナム進出をサポートする。
 今後は、「大阪府インダストリアルパーク」に入居する企業向けに初年度管理料の免除等の優遇措置を実施する。既に、協定の適用第一号案件として、株式会社ダイジ(大阪府茨木市)が進出を決定したとのこと。2018年3月に現地法人を立ち上げ、2018年7月には操業を開始する予定。

Post in Business

Related Trend Watch

茨城県下妻産の梨販売開始 9月23日、ホーチミン市の「イオンモールタンフーセラドン店」にて、茨城県下妻産の梨の販売プロモーショ
漁船乗組員の労働輸出、法令順守意識の低さなど問題も山積  ベトナム労働輸出協会(VAMAS)によると、2017年に漁船乗組員として輸出した労働者数は約500
Bosch、ベトナム工場の インダストリー4・0対応で増資  Bosch Vietnam社は、ドンナイ省の工場「Bosch Gasoline Systems」に
子どものSOSの電話相談窓口がリニューアル、管轄機関の連携を強化  ハノイで12月6日、労働傷病兵社会省の主催で「子どものSOSの相談窓口」の開設にちなんで式典が行わ