外国人投資家、ハノイの不動産に熱視線

 ハノイ市の不動産市場が外国人投資家の人気を集めている。特に市の北部と西部が人気で、日本や韓国、マレーシア、シンガポールの投資家がハノイ市西部は省庁や企業のオフィスが集積する上、交通インフラが相対的に近代的な上、他の省・市へのアクセスも良いという。
 一方の北部では最近、住宅開発が進んでおり、中級・高級物件の整備が進んでいる。とくに北部は高級物件市場が伸びる可能性が大きいとみられる。
 HSBCベトナムによれば、ベトナムで働く外国人の29%は同国で住宅を購入する意思があるという。政府が外国人の不動産取得規制を緩和していることも、外国人がハノイ市の不動産を求める要因になっている。
(引用元:Voice of Vietnam 9月18日)

Post in Business

Related Trend Watch

日本農薬、ベトナム現地法人を設立 日本農薬株式会社は、ホーチミン市に現地法人を設立し、営業を開始した。 同社は、かねてよりホーチミン
聖母マリア教会、修繕に約2年  4月1日、ホーチミン市大司教区の聖母マリア教会区は、約135年前に建てられた聖母マリア教会の修繕工
訪越外国人観光客数、8月単月で過去最高を記録 ベトナムを訪れる外国人観光客数が、単月で過去最高を記録した。 統計総局によると、8月にベトナムを訪
サトラ、病院内にコンビニエンスストアを開設  サイゴン商業グループ(サトラ)は6月19日、ホーチミン市1区の小児科病院内に、食品コンビニエンスス