国産家電メーカーが台頭、300万ドン台の炊飯器などが売れ筋

国内の家電市場では、中級品については長らく中国製品が圧倒的なシェアを占め、タイ製品も主流となりつつあったが、ここ最近は国産メーカーも健闘している。
複数のオンラインショッピングサイトの統計によると、国産家電メーカー5社(Asanzo、VNTech、Goldsun、Gowell、Sunhouse)の製品は低価格で品質も良く、中級の輸入品と競合できる。
Asanzoの場合は、数年前から国産の組み立てテレビメーカーとして知られていたが、最近ではスマートフォン2機種を市場投入し、中国や韓国の中級メーカー品と競合している。さらに、この約1年で、Asanzoはさまざまな家電商品を市場投入し、300万ドン以上のオーブンや炊飯器、電子レンジなどは家電量販店の売れ筋商品となった。他にも、約20万ドンの電気ケトル、100万ドン以下のオーブンや炊飯器、電気ポットなどの低価格商品も展開する。
国産家電品は、同種の輸入品よりも価格が安いことや、メーカー保証が全国で有効なこともアドバンテージとなっている。
(引用元:Thanh Nien 10月22日)

Post in Business

Related Trend Watch

ホーチミン市、Uber とGrabに新規の車両登録ストップを要請 ホーチミン市内の渋滞が日増しに深刻化する中で、市は配車サービスGrabとUberに対し参加車両の新規
MKI、給与計算プラットフォームのサービス開始に向け調印式  三井情報株式会社(以下、MKI)およびシンガポールのDOREMING ASIA PTE LTD.(
アイカ工業、ベトナム社工場建設に向けて地鎮祭を実施  アイカ工業株式会社は、2017年12月に設立した化粧板製造販売子会社「アイカ・ラミネーツ・ベトナム
ハノイ、駐車場の料金改訂、2018年1月1日から  ハノイ市人民委員会は先ごろ、同市内における自転車・バイク・自動車の駐車場サービス料金の改訂に関する