国産家電メーカーが台頭、300万ドン台の炊飯器などが売れ筋

国内の家電市場では、中級品については長らく中国製品が圧倒的なシェアを占め、タイ製品も主流となりつつあったが、ここ最近は国産メーカーも健闘している。
複数のオンラインショッピングサイトの統計によると、国産家電メーカー5社(Asanzo、VNTech、Goldsun、Gowell、Sunhouse)の製品は低価格で品質も良く、中級の輸入品と競合できる。
Asanzoの場合は、数年前から国産の組み立てテレビメーカーとして知られていたが、最近ではスマートフォン2機種を市場投入し、中国や韓国の中級メーカー品と競合している。さらに、この約1年で、Asanzoはさまざまな家電商品を市場投入し、300万ドン以上のオーブンや炊飯器、電子レンジなどは家電量販店の売れ筋商品となった。他にも、約20万ドンの電気ケトル、100万ドン以下のオーブンや炊飯器、電気ポットなどの低価格商品も展開する。
国産家電品は、同種の輸入品よりも価格が安いことや、メーカー保証が全国で有効なこともアドバンテージとなっている。
(引用元:Thanh Nien 10月22日)

Post in Business

Related Trend Watch

ベトナム産水産物、欧州委員会がイエローカードを提示 欧州委員会は10月23日、ベトナム産水産物に対し、違法漁業の防止対策が不十分だとして、警告(イエロー
越は2020~2030年に電力不足リスクあり  ベトナムは2020年から2030年にかけて、電力不足が起きるリスクを抱えている――。商工省が8月9
外食志向が高まる、デリバリーも人気  統計総局によると、1月の宿泊・飲食サービス業の売上は約 45兆ドンの見込みで、前年比では0.5%増
濃飛(ベトナム)ロジス ティクス、ハノイ支店を開設  濃飛倉庫運輸株式会社の海外現地法人、濃飛(ベトナム)ロジスティクスは、ベトナム北部での保管サービス