双日、食料・アグリビジネス大手PAN社と戦略的業務提携を締結

 双日株式会社は9月25日、ホーチミン証券取引所に上場している食料・アグリビジネス大手ザ・パン・グループ・ジョイント・ストック・カンパニー(以下、PAN社)の既存発行株式数の10・03%に相当する1億3400万株を取得し、同時に戦略的業務提携も締結したと発表した。
 PAN社は、ベトナム最大手の証券会社であるサイゴン証券の創設者であるグエン・ズイ・フン氏によって設立され、積極的なM&Aにより事業を拡大し、2010年に上場を果たした。同国最大の種子製造販売会社や同国資本では最大の製菓会社に加え、農産品や水産品の大手加工輸出会社や養殖会社、農作物関連会社など多岐に渡り事業展開している。
 今回の業務提携により、営農や食品加工など新規事業の創出や、養殖および水産品加工の拡張など両社のベトナム事業におけるシナジー効果の最大化を図っていくとしている。

Post in Business

Related Trend Watch

加工鶏肉の日本向け輸出を継続  農業農村開発省によると、ドンナイ省で活動するKoyu & Unitek社に対し、日本の関連機関が鶏
ホーチミン市1区で発生した窃盗事件など ◇強盗事件 ①リー・トゥ・チョン通りの第2児童病院で、診察室の前で女性(27)が子どもを抱っこして
ホーチミン市1区、7区で発生した窃盗、ひったくり事件など ◇ひったくり被害 ①1区グエンティミンカイ通り55B番地付近で、女性がバッグを持って歩いていたとこ
商業施設の屋外広告ボードから出火  8月11日午後9時ごろ、ホーチミン市1区レズアン通りにある商業施設Diamond Plaza(ダイ