博報堂、独立系マーケティング&コミュニケーションエージェンシーグループを子会社化

 株式会社博報堂は、ベトナムに本社を置き、ミャンマーにも展開する独立系大手統合マーケティング&コミュニケーションエージェンシーグループ「Square Communications Joint Stock Company」(以下「Square Communications社」)の株式の過半を取得した。
 Square Communications社は、2005年に4人の創業者によって設立され、現在ではイベント実施・制作、展示会、インテリア制作、エンゲージメントマーケティング、ダイレクトマーケティング、PRコミュニケーション、デジタルコミュニケーションなどの領域において、高品質な統合マーケティングコミュニケーション(IMC:Integrated Marketing Communications)サービスを提供している。同社は7社の専門子会社を傘下に置き、その優れたサービスでクライアントと社会から信頼され、事業を拡大させている。
 経済成長著しいベトナム市場において、統合マーケティング事業は今後拡大が見込める領域となっている。今回、Square Communications社が博報堂グループの一員になることにより、インドシナ地域における統合マーケティングの各領域の対応力および提供体制が拡充され、日系クライアントに加え、グローバル、ローカルのクライアントに提供するサービスレベルの向上にこれまで以上に努めていく。
(引用元:株式会社博報堂ニュースリリース 1月29日)

Post in Business

Related Trend Watch

中国アリババのジャック・マー会長が訪越、フック首相と会談  ハノイで11月6日、グエン・スアン・フック首相は、中国アリババグループ会長のジャック・マー氏と会談
Viettelが納税額でトップ、外資や石油ガス系を制する  ベトナム軍隊通信グループ(Viettel)は、2016年度の税引き前利益が約40兆ドンに達し、事業
米国支援によるベトナム平和維持センター訓練施設が完成 ハノイで8月28日、米国政府の支援による訓練施設(S5)および設備がベトナム平和維持センターに引き渡
ホーチミン市中心部の築50年アパート、倒壊の危険があり解体へ ホーチミン市1区人民委員会は、同区ハイバーチュン通りにあるアパートについて、老朽化が深刻で倒壊の危険