中部の高校生、障がいのある人助けるロボットアーム開発

 中部クアンチ省の高校に通うファム・フイ君が障がいのある人に向けた低コストのロボットアームを開発し、注目を集めている。
 フイ君はクアンチ省のギフテッドの子どもたちに向けた高校の生徒。ベトナム戦争の激戦地だった同省には地雷や不発弾などが残っており、事故が今も起き、障がいを持つ人もいる。このためフイ君は障がいを持つ人が日常生活をより快適に過ごせるようにとロボットアームを開発した。開発したロボットアームは米半導体大手インテルの「2017年国際科学・エンジニアリング・フェア」で賞を獲得している。
(引用元:THE VOICE OF VIETNAM 3月28日)

Post in

Related Trend Watch

郵船ロジスティクス、ホーチミン市近郊に「ビンズオンVSIPロジスティクスセンター」を開所  郵船ロジスティクス株式会社は、11月9日にホーチミン市近郊に建設した大型物流施設「ビンズオンVSI
大学生がロボット開発、多分野での応用が可能  ベトナム国家大学ホーチミン市工科大学で自動制御工学を専攻する男子学生2人が、多分野で応用可能なロボ
ベトナム系の米国人富豪、「フォーブス400」のランク外に  米フォーブス誌は先ごろ、米国資産家の長者番付「フォーブス400」を発表した。  昨年にベトナム系
子ども支援のマラソン大会に元ミス・ベトナムが参加  先に開催された42㌔・㍍を走破するマラソン大会「ハロン湾マラソン」に、2006年のミス・ベトナム、