中部の高校生、障がいのある人助けるロボットアーム開発

 中部クアンチ省の高校に通うファム・フイ君が障がいのある人に向けた低コストのロボットアームを開発し、注目を集めている。
 フイ君はクアンチ省のギフテッドの子どもたちに向けた高校の生徒。ベトナム戦争の激戦地だった同省には地雷や不発弾などが残っており、事故が今も起き、障がいを持つ人もいる。このためフイ君は障がいを持つ人が日常生活をより快適に過ごせるようにとロボットアームを開発した。開発したロボットアームは米半導体大手インテルの「2017年国際科学・エンジニアリング・フェア」で賞を獲得している。
(引用元:THE VOICE OF VIETNAM 3月28日)

Post in

Related Trend Watch

ベトナム初のキャッシュレス展示会 SSV(ショップ&ストアベトナム)2018開催  3月28日から30日にかけて、ベトナムでは第1回目となる「Shop&StoreVietnam201
バンドン国際空港、12月にも営業開始へ  北部クアンニン省に設置されたバンドン国際空港で、12月から旅客機の乗り入れが開始する見通しだ。同空
りそな銀行など 日系4行、ベトナム投資開発銀行と業務提携  りそなグループのりそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらいフィナンシャルグループ傘下の関西アーバン銀行
日本産のパンプキンシード、高価だが人気  日本産のかぼちゃの種(パンプキンシード)は価格が他国産の7~9倍と高額だが、多くの消費者からの支持