中部の高校生、障がいのある人助けるロボットアーム開発

 中部クアンチ省の高校に通うファム・フイ君が障がいのある人に向けた低コストのロボットアームを開発し、注目を集めている。
 フイ君はクアンチ省のギフテッドの子どもたちに向けた高校の生徒。ベトナム戦争の激戦地だった同省には地雷や不発弾などが残っており、事故が今も起き、障がいを持つ人もいる。このためフイ君は障がいを持つ人が日常生活をより快適に過ごせるようにとロボットアームを開発した。開発したロボットアームは米半導体大手インテルの「2017年国際科学・エンジニアリング・フェア」で賞を獲得している。
(引用元:THE VOICE OF VIETNAM 3月28日)

Post in

Related Trend Watch

Saigon Co.opのコンビニ「Cheers」1号店がオープン  5月10日、ホーチミン市1区ディンティエンホアン通りに、コンビニエンスストア「Cheers」の1号
タイのSuperblock、17.6億ドル投じ越で風力発電事業  タイ最大の太陽光発電会社Superblockは560億バーツ(約17億6000万ドル)を投じてベト
インスタントラーメン消費でベトナムは世界5位  ベトナムのインスタントラーメン消費量は世界5位となっている。トップは中国で、インドネシア、日本、イ
ニントゥアン省で太陽光発電所の建設計画、投資額5兆ドンに  Trung Nam Group傘下のTrung Nam Solar Powerは中南部ニントゥアン