三菱UFJリサーチ&コンサルティング、ホーチミンに事務所開設

 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社は、東南アジア市場におけるコンサルティングビジネスの伸長を主な目的として、ホーチミン市に駐在員事務所を開設すると6月1日発表した。
 同社はすでにインドネシアに現地法人を設置し、東南アジアにおける様々なニーズに対応してきた。また、今年2月にはタイ現地法人を設立し、東南アジアにおけるフォロー体制を強化している。
 ベトナムは1986年以降市場経済システムの導入と対外開放化を柱としたドイモイ(刷新)路線を継続し、安定した経済成長と人口9千万人の市場を背景に近年多くの日本企業が進出している。
 こうした中、今回のホーチミン駐在員事務所の開設により、今後さらなる成長が期待されるベトナムやアセアン全域への進出・事業拡大を目指す顧客に対し、現地での情報収集を通じて、域内におけるコンサルティングサービスの強化に努めていくとしている。

Post in Business

Related Trend Watch

TH Group、 星でIPOを計画  TH Groupは向こう2年以内にシンガポールで新規株式公開(IPO)を実施する計画だ。IPOで得
ホーチミン市で密造酒業者を摘発  ホーチミン市で10月26日、大規模な密造酒業者が摘発された。  当局によると、同日午前、同市ビン
カントー橋の事故から10年、犠牲者を追悼 メコンデルタ地域のヴィンロン省で2007年9月26日、施工中のカントー橋の橋げたが崩落し、建設作業員
在仏越人、国際金融ワークショップ開催  在仏ベトナム人金融関係者協会(VnFinance)はこのほど、国際ワークショップを開催した。ワーク