三菱自動車、『アウトランダー』の現地生産を開始

 三菱自動車は、1月23日にベトナムでミッドサイズSUV『アウトランダー』の現地生産を開始し、車両の製造・販売を行っているミツビシ・モーターズ・ベトナム・カンパニー・リミテッド(MMV)のビンズオン工場にて記念式典を開催した。
 『アウトランダー』はビンズオン工場の主力生産車種として、ベトナム国内で販売していく。これによりベトナムの顧客に信頼性の高く、三菱自動車が得意とするSUVを速やかに提供することができる。
 ベトナムにおいて現地生産による『アウトランダー』を新たに投入することで、三菱自動車はSUV市場が急成長するアセアン地域でのプレゼンスを拡大し続けていく。
(引用元:三菱自動車工業株式会社ニュースリリース 1月24日 )

Post in Business

Related Trend Watch

A/H1N1インフルエンザで女性1人が死亡  メコンデルタ地域・ヴィンロン省で7月5日、新型インフルエンザ(A/H1N1)に感染した女性患者が死
ベトナム初の「第一回ベトナム信金会」開催に、100名を超える参加者。  3月13日、「ロッテレジェンドホテル」において、日本の信用金庫の取引先を対象に「第一回ベトナム信金
NTT東日本、BECAMEXとスマートシティー関連の覚書を締結  NTT東日本は、南部ビンズオン省の公営デベロッパーであるBecamex IDC Corp.(ベカメ
佐川グローバルロジスティクス、生産国での物流加工により商品供給のリードタイム短縮を実現 SGホールディングスグループで国内ロジスティクス事業を展開する佐川グローバルロジスティクス株式会社は