三菱自動車、『アウトランダー』の現地生産を開始

 三菱自動車は、1月23日にベトナムでミッドサイズSUV『アウトランダー』の現地生産を開始し、車両の製造・販売を行っているミツビシ・モーターズ・ベトナム・カンパニー・リミテッド(MMV)のビンズオン工場にて記念式典を開催した。
 『アウトランダー』はビンズオン工場の主力生産車種として、ベトナム国内で販売していく。これによりベトナムの顧客に信頼性の高く、三菱自動車が得意とするSUVを速やかに提供することができる。
 ベトナムにおいて現地生産による『アウトランダー』を新たに投入することで、三菱自動車はSUV市場が急成長するアセアン地域でのプレゼンスを拡大し続けていく。
(引用元:三菱自動車工業株式会社ニュースリリース 1月24日 )

Post in Business

Related Trend Watch

国産家電メーカーが台頭、300万ドン台の炊飯器などが売れ筋 国内の家電市場では、中級品については長らく中国製品が圧倒的なシェアを占め、タイ製品も主流となりつつあ
第一生命、ASEAN地域特化型ファンドへ投資 第一生命保険株式会社は、ASEAN地域の中堅・中小企業を投資対象とするプライベート・エクイティ・ファ
ハノイ旧市街で住宅火災、少年2人が死亡 11月5日午前9時ごろ、ハノイ市ホアンキエム区ハン・ザイ通り31番地の住宅で火災が発生、2人が死亡し
航空部門への外資の出資上限、49%に引き上げ計画  運輸省はこのほど、国内航空部門への外資の出資上限を49%に引き上げることを盛り込んだ通達案を出した