三栄建築設計、ハノイ市所在の不動産関連企業に出資

 「Design Your Life」をグループメッセージに掲げる、メルディアグループ株式会社三栄建築設計は、ベトナムにおける不動産関連事業のさらなる強化を図るため、ハノイ市所在のIDS EQUITY HOLDINGS(アイディエスエクイティホールディングス、以下「IDS社」)に出資することを発表した。
 同社は、Leadvisors Capital Management(リードバイザーキャピタルマネジメント、以下「リードバイザー」)と2017年3月に、ベトナム合弁会社LEADVISOR SANEI HOSPITALITY HOLDINGS(ベトナム側51%、同社49%:リードバイザーサンエイホスピタリティホールディングス:以下「LSH」)を設立し、すでにハノイにおいてリードバイザー・タワープロジェクトを実施している。
 出資先であるIDS社は、リードバイザーの子会社で、Railways Printing(レイルウェイズプリンティング)が前身となり1986年に設立された鉄道のチケット印刷を中心とする国営の印刷企業。2014年5月にリードバイザーが同社株式の51%を取得、その後、IDS社は国営企業2社を買収し、子会社に加えている。現在、2017年12月にIDS EQUITY HOLDINGSに社名を変更し、賃貸・不動産開発・コンサルティング業務などを中心とした事業を展開している。
(引用元:株式会社三栄建築設計ニュースリリース 12月22日)

Post in Business

Related Trend Watch

労働争議、賃金未払いや食事の品質が原因  ホーチミン市労働組合連合会によると、今年の年初以降に市内で発生した団体労働争議は40件、 参加した
郵船ロジスティクス、ベトナム向けに日本産梨を海上・航空輸送 郵船ロジスティクス株式会社は、今年からベトナム向けの輸出が解禁された日本産梨の海上・航空輸送を手配し
ETCゲート設置へ、HCM市  ホーチミン市ビンタン区で、7月にも有料道路に電子料金収受システム(ETC)ゲートが導入される計画だ
FPT Trading、Synnex に株式の一部を売却 ハノイで9月12日、FPTグループは、Synnex Technology International