レオパレス21、アパート入居者向け保険の提供開始

 レオパレス21は、子会社のレオパレス21ベトナムが運営・管理するサービスアパートメント「グランフェルテ ハノイ」の駐在員入居者を対象に、日本と同様の家財補償、入居者賠償保障、個人賠償責任補償に対応した、保険の自動付帯サービスを提供する。
 東京海上グループのベトナム現地法人Bao Viet Tokio Marine Insurance Company Limited(以下「Bao Viet」)による、駐在員保険の自動付帯サービス。火災や爆発、地震、洪水、水漏れ、盗難などによる損害補償、被保険者による、家主や第三者への過失破損といった賠償責任補償などをカバーする。レオパレス21とBao Vietが包括保険契約を行うため、入居者が保険料を別途納める必要がないのも特徴だ。
 サービス提供の背景には、ベトナムにおいて、サービスアパートメントの入居者に保険加入を推奨する環境が整備されていなかったことがある。ベトナムではサービスアパートメントなどの賃貸借契約において、火災保険などの加入が義務付けられていない。また駐在員は、海外の保険情報が不透明なことから火災保険などへ未加入のケースが多いのが現状だ。
(引用元:株式会社レオパレス21ニュースリリース 11月16日)

Post in Business

Related Trend Watch

ホーチミン市中心部で交通事故、3人が死亡 ◇1区Vincom Center近くで死亡事故  12月14日午後1時ごろ、1区ハイバーチュン通り
ホーチミン市1区で一部道路の車線運用を変更  ホーチミン市1区では12月23日から、交通渋滞が深刻な一部道路の車線運用を変更する。  具体的に
鉄道車両に大量のごみを不法投棄、罰金300万ドン  ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)上に投稿された動画で、停車中の鉄道車両に男女が大きなご
ネット検索で麻薬を密造、ハノイ市街地  ハノイ市ホアンマイ区で、合成麻薬を密造していた男が今年4月に逮捕された事件で、同市公安捜査警察は、