ユーピーアール、ベトナムに現地法人設立へ

 物流機器のレンタルサービスを提供するユーピーアール株式会社は、ベトナムに現地法人を設立し、ホーチミン市にて9月1日より営業開始した。
 現地法人設立の目的について同社は、ベトナムは年率7%近い高度成長を続けており、日系企業も1700社以上が進出、2026年には人口1億人を超えることが予想され、今後物流面での高度化に際し高品質で衛生面で優れたプラスチックパレットのレンタル需要の高まりが見込まれるとしている。
 当面はアジア市場でのニーズが高い12型及び14型プラスチックパレットとネスティングラックを主力レンタル商品として展開するという。
 まずは消費財を中心とした市場が形成されているホーチミン市にて営業を開始するが、今後なるべく早い段階でハノイでの営業展開も進めていきたいとのこと。

Post in Business

Related Trend Watch

青果物の輸出額が35ドル達成、前年比40%超増  ベトナム青果物協会 (Vinafruit)によると、12月の青果物の輸出額 は約3億3600万ドル
河川の清掃船を導入  7月24日、カントー市人民委員会はオランダの非営利団体(NPO)のオーシャンクリーンアップと河川に
バイクの購入客を装い、試乗の振りして持ち逃げ  バイクの個人売買で、購入希望を装った男がバイクを持ち逃げするという事件が起きた。  5月14日、
AOI Pro.グループ、ベトナム最大手の映像プロダクションをグループ会社化 AOI Pro.グループは10月25日、ベトナム最大手の映像プロダクション「View Finder