ユーピーアール、ベトナムに現地法人設立へ

 物流機器のレンタルサービスを提供するユーピーアール株式会社は、ベトナムに現地法人を設立し、ホーチミン市にて9月1日より営業開始した。
 現地法人設立の目的について同社は、ベトナムは年率7%近い高度成長を続けており、日系企業も1700社以上が進出、2026年には人口1億人を超えることが予想され、今後物流面での高度化に際し高品質で衛生面で優れたプラスチックパレットのレンタル需要の高まりが見込まれるとしている。
 当面はアジア市場でのニーズが高い12型及び14型プラスチックパレットとネスティングラックを主力レンタル商品として展開するという。
 まずは消費財を中心とした市場が形成されているホーチミン市にて営業を開始するが、今後なるべく早い段階でハノイでの営業展開も進めていきたいとのこと。

Post in Business

Related Trend Watch

十六銀行、ハノイ駐在員事務所を新規開設へ、日本の地方銀行としては初 「十六銀行」(岐阜県岐阜市、村瀬幸雄頭取)は4月27日、取引先企業の海外における事業展開支援を強化す
ホーチミン市の不動産価格、7区や9区を中心に上昇  DKRA社によると、ホーチミン市の不動産市場は2010~2013年に冷え込んだが、2014年以降は
クアン国家主席が死去、各国メディアが報道  チャン・ダイ・クアン国家主席が9月21日午前10時5分、ハノイ市にある108軍中央病院で、病気のた
ラグジュアリーマンション、ホーチミン市では即完売  ベトナム不動産仲介協会によると、今年第3四半期のラグジュアリーマンションの供給戸数は1322戸で、