メリア、ホーチミン市で3ホテルの運営契約を締結

 スペインのホテル大手Melia Hotels Inter national社は先ごろ、ホーチミン市でのホテル事業3件について、同社が運営を担うことを盛り込んだ契約を結んだと発表した。
 メリアが運営を担うことになるのは、「メリア・サイゴン・セントラル」「INNSIDEサイゴン・セントラル」「INNSIDEサイゴン・マリアンマン」の3つのホテル。それぞれタンソンニャット国際空港から6キロほどの地点の利便性の良い場所に設置されるという。
 これによりメリアがベトナムで運営するホテルは計10拠点になる。同社はアジアでは20カ所でホテルを運営しているが、2020年までに運営するホテルの数を倍増させる意向だ。
(引用元:THE VOICE OF VIETNAM 3月15日)

Post in Business

Related Trend Watch

ホーチミン市1区、歩道占拠取り締まりの幹部に脅迫メールで公安が捜査 ホーチミン市1区で、歩道占拠取り締まりを実施しているドアン・ゴック・ハイ1区人民委員会副委員長に対し
HCM市で複合都市開発、SonKim Landなどが連携  不動産開発大手SonKim Land、Quoc Loc Phat、金融大手べトコムバンクはこのほど
10月から空港サービス料など値上げ 交通運輸省決定第2345/QĐ―BGTVT号(2017年8月8日付)により、10月1日から、空港にお
「日本・ベトナム建築フォーラム2018」、世界的建築家「槇文彦氏」を特別ゲストに迎えて。  1月23日~24日、「REX Hotel」にて昨年に引き続き「一般財団法人国際建築活動支援フォーラ