メリア、ホーチミン市で3ホテルの運営契約を締結

 スペインのホテル大手Melia Hotels Inter national社は先ごろ、ホーチミン市でのホテル事業3件について、同社が運営を担うことを盛り込んだ契約を結んだと発表した。
 メリアが運営を担うことになるのは、「メリア・サイゴン・セントラル」「INNSIDEサイゴン・セントラル」「INNSIDEサイゴン・マリアンマン」の3つのホテル。それぞれタンソンニャット国際空港から6キロほどの地点の利便性の良い場所に設置されるという。
 これによりメリアがベトナムで運営するホテルは計10拠点になる。同社はアジアでは20カ所でホテルを運営しているが、2020年までに運営するホテルの数を倍増させる意向だ。
(引用元:THE VOICE OF VIETNAM 3月15日)

Post in Business

Related Trend Watch

車両を速度計測、交通事故の削減に期待  4月1日から、フーミー橋周辺区域および2区、7区を走行する車両は速度監視の対象となる。  ホーチ
仏Semmarisとハノイ市、国際卸売市場創設に向けた調査で連携へ  ハノイ商工局とフランスのSemmaris Groupは8月9日、同市内での農作物向け国際卸売市場の
外務省、ベトナムに対する無償資金協力に関する書簡を交換  5月31日、東京において安倍晋三内閣総理大臣およびチャン・ダイ・クアン国家主席立ち会いの下、無償資
スマホ対応のココナッツ自販機が登場  Kootoro ベトナム社は5月24日、国内初のココナッツの自動販売機(自販機)を投入、ホーチミン