ホーチミン市のカフェ市場、コーヒーチェーンが優勢

ホーチミン市では現在、カフェの店舗数が増加傾向にあり、特にチェーンストアの伸びが顕著で国内外の企業が投資する。
「The Coffee House」に投資するSeedcomの小売事業部長によると、大手コーヒーチェーンの1店舗あたりの投資額は、▽The Coffee Houseで約20億ドン、▽スターバックスで約50億ドン(店舗面積200平方メートルの場合)、▽Highlands Coffeeで数十億ドンとなっている。
これらのカフェより手ごろな価格帯のフランチャイズのMilano CoffeeやViva Star Coffee、Napoli Coffeeなどは数億ドンだ。
カフェ運営コストの内訳は、店舗賃貸料(20%)が最も多く、続いて従業員の給与、さらに光熱費やメンテナンス費などが約3000万~4000万ドンとなる。
また最近の傾向として、ビテクスコ・フィナンシャルタワー周辺やグエンフエ通りなどの中心部で、ミルクティーの有名チェーン店の出店ラッシュが続いている。
従来のベトナムスタイルのカフェや家族経営店は店舗数で全国の98%を占めるものの利用者の嗜好の変化に苦戦している。コーヒーチェーンの店はモダンな雰囲気やメンバーズカード発行、キャンペーン展開などで若年層を取り込んでいる。
しかしチェーンストア方式でも明暗は分かれる。The Coffee Houseの場合は、2014年9月にベトナムでチェーン展開を開始、初年度で19店舗、現在は53店舗(ホーチミン市44店舗、ハノイ9店舗)を構え、2020年までに200店舗を目指す。スターバックスは2013年初頭に第1号店をオープン、現在は30店舗を展開する。
一方、Gloria Jean CoffeeやILLYは店舗閉鎖、また、The KAfeやSaigon Cafeは規模を縮小している。韓国系のCaffe Beneは2014年に1区ドンコイ通り店の開店初日に韓国の人気俳優が駆けつけるなど、大々的なオープニングイベントを開催、当初の目標は5年間で300店舗としていたが、現在は1区レライ通りに1店舗のみとなっている。
国際市場調査のリーディングカンパニーであるユーロモニターによると、ベトナム市場におけるコーヒーチェーンの年間成長率は約7%となる。今後数年間でコーヒーチェーンは店舗数、シェアともに独立系ショップやフランチャイズよりも大幅成長の見込みだ。
引用元:VnExpress 9月10日

Post in トレンドウォッチ

Related Trend Watch

第一生命ベトナム、サコムバンクと業務提携 第一生命ホールディングス株式会社の100%出資子会社であるDai-ichi Life Insuran
ホーチミン市、留守宅の民家で火事  ホーチミン市ビンタイン区で2月20日午前5時30分ごろ、2階建ての民家が全焼する火事があった。近隣
JSRトレーディング、ベトナムに現地法人を設立  JSR株式会社の連結子会社であるJSRトレーディング株式会社は、ハノイに現地法人JSR Tradi
Grabバイクの乗客をセオムが妨害  ホーチミン市トゥードゥック区で11月13日、女性が路上で配車サービスのGrabバイクを待っていると