ベトナム航空、株式時価 総額が240億ドルに拡大

 国営ベトナム航空はこのほど、力強い業績の伸びを受け、同社の株式時価総額は前年から50%拡大して240億ドルとなったと明らかにした。
 同社の2017年の決算は好調で、純売上高およびサービス収入が前年比18・4%増の82兆9500億ドンになった。さらに金利支払いなど支出の管理が奏功し、税引き前利益は前年から21・3%増えて3兆1550億ドン近くに達している。税引き後利益は2兆6590億ドンで、前年と比べて26・3%のプラスとなった。これはベトナム航空にとって過去最高の利益水準だという。また株主資本利益率(ROE)は21・66%となり、前年から3・73%上昇した。
(引用元:VnEconomy 4月27日)

Post in Business

Related Trend Watch

「FBCハノイ2018ものづくり商談会」開催  3月8日と9日の2日間にわたり、「National Exhibition Construction
ホーチミン市の病院が混雑問題に直面、医師が過重労働に  ホーチミン市の多数の病院が慢性的な混雑に陥っている。市内だけでなく、近隣の省からも患者が訪れ、混雑
米ウォーバーグ、国営企業と工業団地開発の合弁事業  米国のウォーバーグ・ピンカスは、ベトナムの国営・工業投資開発公社(Becamex IDC)と、工業
「女性自営業者のベストパートナー」に選出、VPBank  世界銀行グループの国際金融公社(IFC)はこのほど、ベトナムのVPBankを、東アジア太平洋地域に