ベトナム産水産物、欧州委員会がイエローカードを提示

欧州委員会は10月23日、ベトナム産水産物に対し、違法漁業の防止対策が不十分だとして、警告(イエローカード)を提示した。
ベトナム水産加工輸出協会(VASEP)は、国産水産物の信用に関わる重大問題だとして、対EU輸出の減少のみにとどまらず、米国が2018年1月1日からIUU(違法・無報告・無規制)漁業対策として「輸入水産物モニタリングプログラム」を実施予定であることなどから、他市場への輸出にも影響が予測されるとした。
イエローカードが解除されるまでは、EU向け輸出水産物はすべて生産水域の検査を受けるため、輸出企業の時間やコスト負担が増大する。今後6カ月以内に改善が認められなければレッドカードが提示され、対EU水産物の輸出の道が絶たれる。
しかしベトナムは今回のイエローカードをチャンスと捉え、ベトナムの漁業の実情を見直し、生産体制の再構築や管理体系の整備などにより、持続的な発展に向けた目標設定が可能だ。
欧州委員会は、ASEAN諸国の中ではベトナムの他に、カンボジアにレッドカード、フィリピンおよびタイにイエローカードを提示している。
(引用元:VietNamNet 10月25日)

Post in Business

Related Trend Watch

米トランプ大統領が11月に訪越予定 ベトナム社会主義共和国の建国72周年を受けて、ドナルド・トランプ米大統領はチャン・ダイ・クアン国家主
薬品漬けの「完熟ドリアン」を出荷、仲卸業者を相次ぎ摘発 中部高原地帯で、果物のドリアンの見た目を良くするために、化学薬品を使用した業者が相次いで摘発された。
日立造船、NEDOのプロジェクトでベトナム初の廃棄物焼却発電プラントの実証運転開始―省エネルギー技術の有効性を確認 「日立造船」(大阪市住之江区、谷所敬社長)と国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(
Sabeco株、タイの ビリオネア傘下企業が53%を取得  商務省は12月18日、サイゴンビール・アルコール飲料株式総公社(Sabeco)の株を競争入札方式に