ベトジェット航空、ボーイング機100機購入で契約

 ベトナムの格安航空会社ベトジェット航空はこのほど、イギリスで開催された「2018年ファーンボロー国際航空ショー」で、米航空機大手ボーイングと、ボーイング737MAX100機を購入することで、契約を結んだ。
 ベトジェット航空は現在、エアバスA320型機とA321型機を含む機材60機を保有し、1日当たる385便以上を運航している。ベトナムにとどまらず、タイ、シンガポール、韓国、台湾、香港、中国、マレーシア、インドネシア、ミャンマー、カンボジアに乗り入れており、運航路線は93路線に上る。
 機材を拡充することで、今後さらにアジア太平洋地域での運航ネットワークを広げていく計画だ。
(引用元:Voice of Vietnam 7月20日)

Post in Business

Related Trend Watch

世銀のベトナム経済予測、中期的に明るい見通し 世界銀行(WB)は10月4日付で、東アジア・太平洋地域の経済レポートを発表した。 それによると、2
外食志向が高まる、デリバリーも人気  統計総局によると、1月の宿泊・飲食サービス業の売上は約 45兆ドンの見込みで、前年比では0.5%増
W杯賭博で負け、救急車を窃盗  ホーチミン市ビンタン区でサッカー賭博に負けた男が病院で救急車を盗むという事件が起こった。  公安
Mai Linhタクシー、バイク配車サービスを開始  Mai Linhグループは、自社の配車サービスアプリで新たにバイクタクシーサービス「M.Bike」