ベトジェット航空、ボーイング機100機購入で契約

 ベトナムの格安航空会社ベトジェット航空はこのほど、イギリスで開催された「2018年ファーンボロー国際航空ショー」で、米航空機大手ボーイングと、ボーイング737MAX100機を購入することで、契約を結んだ。
 ベトジェット航空は現在、エアバスA320型機とA321型機を含む機材60機を保有し、1日当たる385便以上を運航している。ベトナムにとどまらず、タイ、シンガポール、韓国、台湾、香港、中国、マレーシア、インドネシア、ミャンマー、カンボジアに乗り入れており、運航路線は93路線に上る。
 機材を拡充することで、今後さらにアジア太平洋地域での運航ネットワークを広げていく計画だ。
(引用元:Voice of Vietnam 7月20日)

Post in Business

Related Trend Watch

金正男氏の殺害事件、初公判で被告は無罪を 主張 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄にあたる金正男氏が2月13日に殺害された事件の初公判が、10月
ホーチミン市中心部で飲酒運転の乗用車が暴走  ホーチミン市で11月13日、飲酒運転の乗用車が交通警察の制止を振り切り、蛇行運転を続けながら約5㌔
新開トランスポートシステムズ、ベトナムに現地法人設立  株式会社新開トランスポートシステムズは、さらなる東南アジア地域での事業を推進・強化するため、ホーチ
自然災害の被害額、年初以降で26億ドル  自然災害防止に関する中央指導委員会によると、今年年初からこれまでの国内における自然災害の発生状況は