ベトジェット航空、ボーイング機100機購入で契約

 ベトナムの格安航空会社ベトジェット航空はこのほど、イギリスで開催された「2018年ファーンボロー国際航空ショー」で、米航空機大手ボーイングと、ボーイング737MAX100機を購入することで、契約を結んだ。
 ベトジェット航空は現在、エアバスA320型機とA321型機を含む機材60機を保有し、1日当たる385便以上を運航している。ベトナムにとどまらず、タイ、シンガポール、韓国、台湾、香港、中国、マレーシア、インドネシア、ミャンマー、カンボジアに乗り入れており、運航路線は93路線に上る。
 機材を拡充することで、今後さらにアジア太平洋地域での運航ネットワークを広げていく計画だ。
(引用元:Voice of Vietnam 7月20日)

Post in Business

Related Trend Watch

ビーチリゾートで外国人観光客がひったくり被害  中部ダナン市で外国人観光客の女性が、少年に所持品をひったくられるという事件が起こった。  11月
カインホア省、上半期の来訪者が116%増加  中部カインホア省を訪れた旅行者の数は2018年上半期(1~6月)に440万人に上り、前年同期から1
航空便の遅延・欠航が2割  ベトナム航空局によると、今年年初7カ月で航空4社の運行予定便17万7510便のうち、遅延や欠航は約
ネットで独学の偽医師を摘発  カントー市で、無免許で医療業務や医薬品の処方を行っていた男A(30)に5000万ドンの罰金が科せら