ベトジェット、ホーチミン市―ブリスベン線の就航で合意

 ベトナムの格安航空会社(LCC)ベトジェット航空は先ごろ、豪州クイーンズランド州ブリスベン空港公社(BAC)と、ホーチミン市とブリスベンを結ぶ直行便を就航することで合意した。
 シドニーで実施された合意文書の調印式には、豪州を訪問したグエン・スアン・フック首相や豪州政府幹部らが出席した。クイーンズランド州とベトナム間の旅行市場は過去5年にわたり年8%のペースで成長。新路線の開設によりさらに市場が拡大するとみられる。
 新路線は2019年に就航する見込み。
 今回、ベトジェット航空は豪州のInvestec社と総額6億900万ドルに上るエアバスA321型機5機に対する資金支援の提供で合意した。
(引用元:THE VOICE OF VIETNAM 3月16日)

Post in Business

Related Trend Watch

ペットの登録を義務付け  ハノイ市人民委員会は先ごろ、市内における狂犬病の抑制・撲滅に向けた国家プログラム(2018~202
人材ニーズ予測、高精度のデータ構築が課題  ホーチミン市労働市場情報人材需要予測センター(FALMI)は設立から9年、人材需要予測に対応可能な
ホーチミン市、ごみ分別が開始  ホーチミン市では、11月24日からごみの分別が始まる。  これは、同市人民委員会決定44/201
バンドン国際空港、試験乗り入れ実施  北部バンドン国際空港で7月11日、旅客機の試験乗り入れが実施された。同国際空は国内で初めての民間企