プレサンスコーポレーションの関係会社、ホーチミン市における分譲住宅開発事業へ参画

 株式会社プレサンスコーポレーションは、関係会社である株式会社プロスエーレを通じて、新たにホーチミン市 における分譲住宅開発事業へと参画する。
 ベトナムの 2017年7~9月期の実質 GDPは、前年比+7・5%(前年同期成長率+6・6%)と、約2年弱ぶりに7%を超える成長を見せている。
 かかる経済環境下において、2016年9月に同社と株式会社三栄建築設計で共同設立した株式会社プロスエーレは、ベトナム大手民間総合建設会社であるHOABINH社の関係会社であり不動産デベロッパーのTIEN PHAT社との間で、合弁会社「TIEN PHAT TAN THUAN CORPORATION」を設立し、ホーチミン市内で進める分譲住宅開発事業にすでに参画しているが、このたび、新たに2つ目の案件として「ノーチャンロン分譲マンション開発プロジェクト」に着手することとなった。
 同案件参画のため、同じくTIEN PHAT社との合弁会社である「TIEN PHAT NORTHEAST COMPANY LIMITED」に出資を行う。
 同プロジェクトは、ホーチミン市中心部から約8キロ・㍍のビンタイン区(1区に隣接するエリア)における、総床面積5万1730平方メートル、総戸数351戸の分譲マンション及び商業施設を含む複合開発事業となる。
(引用元:株式会社プレサンスコーポレーションニュースリリース 12月22日)

Post in Business

Related Trend Watch

Mai Linhグループ存続の危機、UberやGrabとの競争で疲弊  Mai Linhグループは先ごろ、国会社会問題委員会および財務省、ベトナム社会保険庁に対し経営救済
GrabがUberの東南アジア事業を買収、国内の反応さまざま  3月26日、配車サービスのGrab が、同業Uberの東南アジア事業を買収することを正式発表した。
荏原、ベトナムの浄水場に高効率ポンプを納入  荏原製作所のベトナムに所在するグループ会社Ebara Vietnam Pump Company L
大和総研とFPT Corporatoionが先端技術の研究開発における相互協力を開始  株式会社大和総研(以下「大和総研」)とFPT Corporation(以下「FPT」)は、12月5