プレサンスコーポレーションの関係会社、ホーチミン市における分譲住宅開発事業へ参画

 株式会社プレサンスコーポレーションは、関係会社である株式会社プロスエーレを通じて、新たにホーチミン市 における分譲住宅開発事業へと参画する。
 ベトナムの 2017年7~9月期の実質 GDPは、前年比+7・5%(前年同期成長率+6・6%)と、約2年弱ぶりに7%を超える成長を見せている。
 かかる経済環境下において、2016年9月に同社と株式会社三栄建築設計で共同設立した株式会社プロスエーレは、ベトナム大手民間総合建設会社であるHOABINH社の関係会社であり不動産デベロッパーのTIEN PHAT社との間で、合弁会社「TIEN PHAT TAN THUAN CORPORATION」を設立し、ホーチミン市内で進める分譲住宅開発事業にすでに参画しているが、このたび、新たに2つ目の案件として「ノーチャンロン分譲マンション開発プロジェクト」に着手することとなった。
 同案件参画のため、同じくTIEN PHAT社との合弁会社である「TIEN PHAT NORTHEAST COMPANY LIMITED」に出資を行う。
 同プロジェクトは、ホーチミン市中心部から約8キロ・㍍のビンタイン区(1区に隣接するエリア)における、総床面積5万1730平方メートル、総戸数351戸の分譲マンション及び商業施設を含む複合開発事業となる。
(引用元:株式会社プレサンスコーポレーションニュースリリース 12月22日)

Post in Business

Related Trend Watch

豊田合成、ベトナムにエアバッグ部品の新工場を設立 豊田合成株式会社は、世界各地域における安全規制強化を背景とするエアバッグの需要拡大などに対応するため
有名ブランド香水の密造を摘発  ホーチミン市ビンタン区公安は、同区内で有名ブランドの香水を密造していた女について偽造品製造の容疑で
タイのHemaraj、10億ドルの工業団地を開発  タイのHemarajグループは10日、中部ゲアン省で工業団地「WHA Hemaraj Nghe A
地区の警備隊員が顔見知りの6歳男児を刺殺  ホーチミン市タンフー区の路上で、地区の自治警備隊員が6歳の男児の首を刺し死亡させるという事件が発生