フック首相、前米財務長官ガイトナー氏と会談

ベトナム政府公式サイトによると、ハノイで9月20日、グエン・スアン・フック首相は、前米財務長官で、米投資会社ウォーバーグ・ピンカス会長のティモシー・フランツ・ガイトナー氏と会談した。
フック首相は、ウォーバーグ・ピンカスが、投資ファンドVinaCapitalとベトナム市場での金融投資に関して複数の協力合意に至ったことに対し、祝辞を述べた。
首相はさらに、ベトナムは米国との全面的パートナーシップの促進を重視・優先していること、金融分野をはじめとして米国からのさらなる投資誘致を希望することを伝えた。また、ベトナムは、 経済再編計画の実施と制度構築への重点的な取り組みを続けることで、金融や通貨といった市場のさまざまな要素・分野を考慮した総合的な開発を目指すとした。
ガイトナー氏は、ベトナム経済は潜在性が高く、先行きが楽観的なことから、両国の企業間協力が促進されるとの見方を示した。ベトナム経済は高成長を遂げており、明るい兆しが見えていることから改革にプラスに働くとした。これらのことから、アジア市場で20年の投資経験を持つウォーバーグ・ピンカスは、ベトナム市場に関心を寄せ、投資機会を探求するとした。
(引用元:Phap Luat 9月21)

Post in Business

Related Trend Watch

イケアがベトナム進出を計画 世界最大の家具量販店イケアが東南アジアでの事業拡大を計画しており、進出先の候補のひとつにベトナムが挙
海外就労者が10万人を 突破、日本は受け入れ先トップ  労働傷病兵社会省の海外労働管理局によると、今年年初10カ月におけるベトナム人海外就労者は約10万6
自家発電装置をつけたまま就寝、一酸化炭素 中毒で5人が重体 中部クアンビン省で9月19日、子どもを含む一家5人が一酸化炭素中毒で緊急入院した。窓を閉め切った室内
航空機内の座席をめぐりトラブル、乗客による暴行事件が発生  ノイバイ国際空港で11月10日、ハノイ発ホーチミン市行きのベトナム航空VN7259便の離陸準備中に