ビンフック省と住友商事、工業団地に関する覚書を締結

 住友商事株式会社(以下「住友商事」)および住友商事が運営・展開するベトナムの第3タンロン工業団地(以下「TLIPⅢ」)は、ビンフック省との間で、日系企業のベトナム進出サポートを目的に「ビンフック省ジャパンデスク」の設置に関する覚書を締結した。
 「ビンフック省ジャパンデスク」は、ビンフック省への投資を検討する日系企業に対して、関係省庁や関係当局と連携し、投資申請や会社設立の迅速化、裾野産業認定のサポートなどを行う。
 2015年に設立したTLIPⅢは、住友商事グループのベトナムにおける三つ目の工業団地で、ハノイ中心部から44キロ・メートル、車で50分北上したビンフック省に立地している。開発面積は最大約213㌶、総事業費は100億円超を予定しており、2018年より操業を開始する予定。
 北部では、2017年9月に主要港であるラックフェン国際港(2018年開港予定)へのアクセス道路・橋が開通するなど、整備が進むインフラが好調な輸出を支えている。また、生産拠点としての魅力だけでなく、将来の有力な消費市場としての期待から、海外からの投資も増加基調にある。
(引用元:住友商事株式会社,第3タンロン工業団地ニュースリリース 3月26日)

Post in Business

Related Trend Watch

コカ・コーラのグローバルバリューチェーン参入、中小企業にビジネスチャンス 米国ASEANビジネス評議会 (USABC)、ベトナム商工会議所(VCCI)は先ごろ、「ベトナム中小
地下駐車場の建設が大幅遅延  ホーチミン市交通運輸局は同市人民委員会に対し、1区レバンタム公園の地下駐車場の建設プロジェクトの遅
FDIのホテル投資が活況、ベトナムの観光ポテンシャルに着眼 計画投資省外国投資庁によると、今年年初9カ月の外国直接投資(FDI)の登録総額は、前年同期比約33%
カフェに男が押し入り店主にガソリン浴びせ脅迫  5月13日午後7時ごろ、ホーチミン市9区にあるカフェ「G.B」に男が押し入り、店主の女性にガソリン