ビンフック省と住友商事、工業団地に関する覚書を締結

 住友商事株式会社(以下「住友商事」)および住友商事が運営・展開するベトナムの第3タンロン工業団地(以下「TLIPⅢ」)は、ビンフック省との間で、日系企業のベトナム進出サポートを目的に「ビンフック省ジャパンデスク」の設置に関する覚書を締結した。
 「ビンフック省ジャパンデスク」は、ビンフック省への投資を検討する日系企業に対して、関係省庁や関係当局と連携し、投資申請や会社設立の迅速化、裾野産業認定のサポートなどを行う。
 2015年に設立したTLIPⅢは、住友商事グループのベトナムにおける三つ目の工業団地で、ハノイ中心部から44キロ・メートル、車で50分北上したビンフック省に立地している。開発面積は最大約213㌶、総事業費は100億円超を予定しており、2018年より操業を開始する予定。
 北部では、2017年9月に主要港であるラックフェン国際港(2018年開港予定)へのアクセス道路・橋が開通するなど、整備が進むインフラが好調な輸出を支えている。また、生産拠点としての魅力だけでなく、将来の有力な消費市場としての期待から、海外からの投資も増加基調にある。
(引用元:住友商事株式会社,第3タンロン工業団地ニュースリリース 3月26日)

Post in Business

Related Trend Watch

米国、豚ホルモンの輸出を促進  米国の養豚業者が内臓肉も含めた対越輸出の促進に向けて動いている。  米国養豚協会は先ごろ、ベトナ
ネットワークセキュリティの国際コンテスト、世界62カ国参加でベトナムが優勝  ハノイで12月16~17日、ネットワークセキュリティの国際コンテスト「WhiteHat Grand
昭和電線、ベトナムにワイヤハーネスの製造・販売会社を設立  昭和電線ホールディングス株式会社は、東南アジア市場向けの拠点として、フンイエン省にワイヤハーネスの
NEC、アジア地域内の11拠点を結ぶ光海底ケーブルの供給契約を締結  NECは、日本、韓国、中国、台湾、香港、ベトナム、タイ、カンボジアおよびシンガポールを結ぶ大容量光