ビナライン、物流センターを新設

 ベトナム海運総公社(ビナライン)はこのほど、ベトナム北にコンテナ船向けの物流センターを新設したと発表した。
 物流センターはまずビナラインの持つコンテナ船10隻向けのサポートを行う。さらに、ビナライン・コンテナ・シッピング(ビナライン・コンテナ)とビエン・ドン・シッピングの子会社2社の経営資源を活用しながら、コンテナ輸送システムを整備していく見込みだ。
 ビナラインは物流センターを整備することで、これまでかかっていたリース料金や人件費を減らし、行政コストをこれまでの半分の187億ドンに引き下げる狙いだ。
(引用元:Voice of Vietnam 12月6日)

Post in Business

Related Trend Watch

1~10月のセメント販売量が51%増加、通年目標超える  建設省はこのほど、ベトナム企業の1~10月のセメント販売量は合計8523トンとなり、前年同期から5
訪越外国人観光客数、8月単月で過去最高を記録 ベトナムを訪れる外国人観光客数が、単月で過去最高を記録した。 統計総局によると、8月にベトナムを訪
スタートアップ・デー開催、各国から企業が参加  ホーチミン市で8月25日、スタートアップ企業の集まるイベント「ベトナム・スタートアップ・デー201
日本農薬、ベトナム現地法人を設立 日本農薬株式会社は、ホーチミン市に現地法人を設立し、営業を開始した。 同社は、かねてよりホーチミン