タンソンニャット空港国際線ターミナルに駐機場を増設

ベトナム空港総公社(ACV)によると、タンソンニャット空港国際線ターミナルで新たに8カ所の駐機場(エプロン)を整備中で、今年末に完成する予定だ。
また、国防省から引渡された軍用地(21ヘクタール)については、ACVは駐機場13カ所を別途整備し、2018年の旧正月前までに運用を開始する。
同空港の国際線ターミナルの規模から見てエプロンは80カ所が必要だが、現在は51カ所のみであることも混雑の一因となっている。
(引用元:Thanh Nien 9月16日)

Post in Local

Related Trend Watch

FPT Trading、Synnex に株式の一部を売却 ハノイで9月12日、FPTグループは、Synnex Technology International
イケアがベトナム進出を計画 世界最大の家具量販店イケアが東南アジアでの事業拡大を計画しており、進出先の候補のひとつにベトナムが挙
住友林業、ベトナムで住関連事業を拡大 住友林業株式会社は10月20日、100%子会社のSumitomo Forestry Singapor
死刑囚の脱獄事件に関与、刑務所の幹部らを職務停止 ハノイ市のT16刑務所から9月11日に死刑囚2人が脱獄し、その後の警察の捜索により逮捕された。 こ