タンソンニャット空港国際線ターミナルに駐機場を増設

ベトナム空港総公社(ACV)によると、タンソンニャット空港国際線ターミナルで新たに8カ所の駐機場(エプロン)を整備中で、今年末に完成する予定だ。
また、国防省から引渡された軍用地(21ヘクタール)については、ACVは駐機場13カ所を別途整備し、2018年の旧正月前までに運用を開始する。
同空港の国際線ターミナルの規模から見てエプロンは80カ所が必要だが、現在は51カ所のみであることも混雑の一因となっている。
(引用元:Thanh Nien 9月16日)

Post in Local

Related Trend Watch

新日鉄住金エンジニアリング、フォルモサ・ハティン・スチール向けコークス乾式消火設備を受注 新日鉄住金エンジニアリング株式会社は、FORMOSA HA―TINH STEEL CORPORATI
大学の構内でコンクリート片が落下、学生が死亡 10月17日、ホーチミン市技術大学(HUTECH)で、天井から落下したコンクリート片が男子学生の頭部
ホーチミン市中心部で飲酒運転の乗用車が暴走  ホーチミン市で11月13日、飲酒運転の乗用車が交通警察の制止を振り切り、蛇行運転を続けながら約5㌔
ストライプインターナショナル、NEMグループのアパレル事業を買収~日系アパレル企業初、ベトナム市場へ本格的に進出~  株式会社ストライプインターナショナルは、ベトナムでレディスカジュアルアパレルの店舗展開数第2位を誇