タンソンニャット空港国際線ターミナルに駐機場を増設

ベトナム空港総公社(ACV)によると、タンソンニャット空港国際線ターミナルで新たに8カ所の駐機場(エプロン)を整備中で、今年末に完成する予定だ。
また、国防省から引渡された軍用地(21ヘクタール)については、ACVは駐機場13カ所を別途整備し、2018年の旧正月前までに運用を開始する。
同空港の国際線ターミナルの規模から見てエプロンは80カ所が必要だが、現在は51カ所のみであることも混雑の一因となっている。
(引用元:Thanh Nien 9月16日)

Post in Local

Related Trend Watch

喫煙による疾病で毎年4万人が死亡、WHOが指摘  世界保健機関(WHO)はこのほど、ベトナムでは毎年4万人が喫煙に起因する疾患で命を落としているとの
使用済みのガスボンベを再利用、業者を摘発  3月22日、ビンズオン省当局がガスボンベを違法に再充填していた業者を発見し、ガスボンベ数百本などを
ハノイ、旧正月の道路渋滞ポイント  ハノイ市交通運輸局によると、旧正月期間中に市街地で渋滞が予測されるのは以下の箇所となる。 ◇ホア
人材ニーズ予測、高精度のデータ構築が課題  ホーチミン市労働市場情報人材需要予測センター(FALMI)は設立から9年、人材需要予測に対応可能な