スタートアップ支援進む、海外とのマッチングを促進

 ホーチミン市のスタートアップ、イノベーションを支援する同市科学技術局のSaigon Innovation Hub(SIHUB)が主宰するスタートアップ交流プログラム「Runway to the world」が正式始動した。
 海外からは、北米・西ヨーロッパ・アジア太平洋地域などのテクノロジー先進国からさまざまなスタートアップが参加する。
 このプログラムでは、SIHUBが諸外国のスタートアップ・イノベーション・エコシステムと連携して、ベトナム市場の調査・研究を行う海外のスタートアップを選定、ベトナムでのビジネスマッチングを行う。またベトナム発スタートアップに対しては、アジア地域や世界レベルで発展を遂げたスタートアップ・エコシステムとの交流会や勉強会を開催する。
 第1回プロジェクトとして、SIHUBとShinhan Bankの連携により、ベトナムと韓国のスタートアップ・イノベーション・エコシステムのマッチング支援を行う。さらに、シンガポールやマレーシア、カナダ、米国、フィンランド、スウェーデンなどのパートナーとのプロジェクトが続々と展開中だ。
(引用元:Sai Gon Giai Phong 1月25日)

Post in Business

Related Trend Watch

Grabのフードデリバリー、ホーチミン市で試験運用  配車サービスのGrabは、5月10日からホーチミン市でフードデリバリーサービス「Grab Food
ブラックフライデー渋滞、ハノイとホーチミン市で大混雑  ハノイやホーチミン市では、11月24日のブラックフライデーに多くの商業施設やショップに買い物客が殺
コカ・コーラのグローバルバリューチェーン参入、中小企業にビジネスチャンス 米国ASEANビジネス評議会 (USABC)、ベトナム商工会議所(VCCI)は先ごろ、「ベトナム中小
モンスペース、Eコマース事業を始動  多国籍企業モンスペースは先ごろ、ベトナム事業を始動させた。これまでにホーチミン市計画投資局が同社の