スタートアップ支援進む、海外とのマッチングを促進

 ホーチミン市のスタートアップ、イノベーションを支援する同市科学技術局のSaigon Innovation Hub(SIHUB)が主宰するスタートアップ交流プログラム「Runway to the world」が正式始動した。
 海外からは、北米・西ヨーロッパ・アジア太平洋地域などのテクノロジー先進国からさまざまなスタートアップが参加する。
 このプログラムでは、SIHUBが諸外国のスタートアップ・イノベーション・エコシステムと連携して、ベトナム市場の調査・研究を行う海外のスタートアップを選定、ベトナムでのビジネスマッチングを行う。またベトナム発スタートアップに対しては、アジア地域や世界レベルで発展を遂げたスタートアップ・エコシステムとの交流会や勉強会を開催する。
 第1回プロジェクトとして、SIHUBとShinhan Bankの連携により、ベトナムと韓国のスタートアップ・イノベーション・エコシステムのマッチング支援を行う。さらに、シンガポールやマレーシア、カナダ、米国、フィンランド、スウェーデンなどのパートナーとのプロジェクトが続々と展開中だ。
(引用元:Sai Gon Giai Phong 1月25日)

Post in Business

Related Trend Watch

ホーチミン市1区で発生した窃盗被害など ◇工事の足場崩落 ①3月9日午後7時30分ごろ、フードンロータリー近くの8月革命通りで、雨風の影響
Saigon Co.opのコンビニ「Cheers」1号店がオープン  5月10日、ホーチミン市1区ディンティエンホアン通りに、コンビニエンスストア「Cheers」の1号
昭和産業、ベトナム現地法人を設立 昭和産業株式会社は、10月20日開催の取締役会において、ベトナムに同社100%出資の現地法人の設立を
ホーチミン市で4階建て家屋が倒壊、隣家を巻き込む 9月2日午後9時30分ごろ、ホーチミン市タンビン区タンソンホア通りで家屋が倒壊し、空き地を挟んだ隣家