シンガポール企業、ハノイ・アメリカン国際病院の買収計画

 シンガポールの投資家がハノイ市コウザイ区に立地するHanoi-American Inter national Hospital(ハノイ・アメリカン国際病院)を2億ドルで買収する方向で検討している。
 ハノイ・アメリカン国際病院は米Keystone Global Groupが1997年に5000万ドルを投じて建設することで事業免許を得た。しかし土地収用の遅れから着工は2006年、完工は2010年にずれ込んだ。
 シンガポールの保健医療大手企業を率いるWilliam Chu氏はベトナムの保健医療市場に2億ドルを投じる計画で、この一環で同病院を取得する意向だ。
(引用元:THE VOICE OF VIETNAM 3月12日)

Post in Business

Related Trend Watch

野村不動産、東南アジアで初の賃貸オフィス投資  野村不動産株式会社(以下「同社」)は、ホーチミン市1区において、グレード A オフィスビル「Sun
ホーチミン市でのマンション販売戸数、直近5年で記録的な伸び ホーチミン市のマンション市場では、今年第2四半期に入って販売戸数が飛躍的に伸びている。 Savil
アマゾンがベトナム進出視野、市場調査を実施  米アマゾンがベトナム市場の調査を行っている。  同社のベトナム進出が実現すれば、東南アジアではシ
Vietcombank が収益性で高い評価、国内商業銀行トップに  アジア地域の銀行専門誌「The Asian Banker」によると、ベトナムの商業銀行15行が「A