シャープ、太陽光発電所の建設を受注

 シャープ株式会社は、ベトナムにおける太陽光発電所(メガソーラー)の建設を、Thanh Thanh Cong Group(以下「TTCグループ」)傘下のGia Lai Electricity Joint Stock Company(以下「GEC社」)より受注した。
 2月23日に、TTCグループおよびGEC社と現地にて調印式を行った。
 同発電所は、北中部のトゥアティエン・フエ省に建設する。約48MW―dcの大規模出力で、年間予測発電量は約6万1570MWh/年となり、ベトナムの一般的な家庭の年間消費電力量で換算すると、約3万2628世帯分に相当する。
 ベトナム政府は、太陽光発電の施設容量を2030年までに1万2000MWに引き上げることを計画している。
(引用元:シャープ株式会社ニュースリリース 2月26日)

Post in Business

Related Trend Watch

ホイアンでのホームステイが人気  旧正月期には伝統的な行事や風習が多く行われることから、外国人にとっても各地域の文化に触れるチャンス
ベトナム人の観光トレンド、短期間で頻度が高い  Visaが実施した2018年の世界の観光トレンド調査によると、ベトナム人の旅行期間は4泊以下が74
ノイバイ国際空港、 副首相が拡張を指示  チン・ディン・ズン副首相はこのほど、運輸省に対し、混雑が深刻化しているノイバイ国際空港の拡張計画を
ネットワークセキュリティの国際コンテスト、世界62カ国参加でベトナムが優勝  ハノイで12月16~17日、ネットワークセキュリティの国際コンテスト「WhiteHat Grand