シャープ、太陽光発電所の建設を受注

 シャープ株式会社は、ベトナムにおける太陽光発電所(メガソーラー)の建設を、Thanh Thanh Cong Group(以下「TTCグループ」)傘下のGia Lai Electricity Joint Stock Company(以下「GEC社」)より受注した。
 2月23日に、TTCグループおよびGEC社と現地にて調印式を行った。
 同発電所は、北中部のトゥアティエン・フエ省に建設する。約48MW―dcの大規模出力で、年間予測発電量は約6万1570MWh/年となり、ベトナムの一般的な家庭の年間消費電力量で換算すると、約3万2628世帯分に相当する。
 ベトナム政府は、太陽光発電の施設容量を2030年までに1万2000MWに引き上げることを計画している。
(引用元:シャープ株式会社ニュースリリース 2月26日)

Post in Business

Related Trend Watch

旧正月の書店イベント、売上好調  ホーチミン市やハノイ、ブンタウでは、旧正月期に催された書店市の売上が概算で67億ドンに上った。
ビンフック省と住友商事、工業団地に関する覚書を締結  住友商事株式会社(以下「住友商事」)および住友商事が運営・展開するベトナムの第3タンロン工業団地(
年末年始の3連休、交通事故で67人が死亡  国家交通安全委員会によると、年末年始(2017年12月30日~2018年1月1日)の3連休で全国で
ホーチミン市の不動産価格、7区や9区を中心に上昇  DKRA社によると、ホーチミン市の不動産市場は2010~2013年に冷え込んだが、2014年以降は