シェアオフィスが盛況

 ホーチミン市では、1区、3区を中心にシェアオフィスが増加している。
 利用料金は1席で月額約150~300ドルが目安だ。
 3区グエン・ディン・チウ通りにあるシェアオフィスは、1席が月額150~200ドルで、ワーキングスペースのほかに、固定電話やプリンター、ファックス、レセプション、飲料水、ラウンジや会議室の利用もできる。
 1区デタム通りのシェアオフィスでは、1席が月額200~300ドル。フリーランサーや起業家のほかに、アジア各地からの市場調査専門家が集まる。
 賃貸オフィスサービスを展開するPax Sky社によると、ホーチミン市での小規模オフィスやシェアオフィスの需要は高い。従来からの賃貸オフィスの需要過多により賃料が高額なことや、スタートアップのムーブメントが後押しし、空前のシェアオフィスブームとなっている。
 1区中心部の賃貸オフィスのAクラス物件の賃料は月額で1平米約50~60ドル、Bクラスで同約22~30ドル。これらと比較すると、シェアオフィスの賃料が1区、3区で月額150~300 ドルは割高ではない。
 シェアオフィスは、日本の小規模零細企業が利用するケースも多い。日本企業のベトナム投資が加速する中で、小規模零細企業が市場調査の専門家を1人派遣するケースなどでシェアオフィスが好まれるという。
(引用元: VnExpress 9月27日)

Post in トレンドウォッチ

Related Trend Watch

日揮、ベトナム最大級メガソーラー発電所の建設プロジェクトを受注  日揮株式会社(JGC CORPORATION)および同社ベトナム法人であるJGCベトナム社は、ベト
ハノイ、大型FDIプロジェクトの誘致進む  今年年初5カ月で、ハノイ市は外国直接投資(FDI)の誘致額で全国で3位の約8億3,500万ドルとな
ハノイフレンチホスピタルの敷地内で火災  5月11日午後2時30分ごろ、ハノイ市ドンダー区にあるハノイフレンチホスピタル敷地内の建設現場で火
荏原製作所、ポンプと冷凍機のセミナーを実施  荏原製作所は、3月22日、23日の2日間、ホーチミン市のベトナム・日本人材開発インスティテュート(