シェアウィズ、大阪府警と連携してベトナム人の犯罪防止啓蒙用の動画配信を開始

 株式会社シェアウィズは大阪府警と連携し、2月22日から、ShareWis(シェアウィズ)上で、ベトナム人の犯罪防止の啓蒙を目的とした90秒動画の配信を開始した。
 外国人留学生や技能実習生の銀行口座の不正な転売が増加している。各種ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)や口コミを通じて、銀行口座の売買が行われ、不正送金や振込詐欺に悪用されている。特に近年はベトナム人名義の銀行口座の売買が急増しており、違法行為と知らずに口座を売買している留学生や実習生もいる。
 大阪府警は銀行口座の不正な売買を防止するため、留学生や実習生を対象に啓蒙活動を進めている。
 大阪府警はシェアウィズと連携し、口座売買が違法であることを説明する90秒動画を作成、犯罪防止の啓蒙活動を展開する。
 作成した動画は、ShareWisや各種SNSに掲載するとともに、ShareWisの日本語講座を受講しているベトナム人従業員を雇用する企業などに広く展開していく。
(引用元:株式会社シェアウィズニュースリリース 2月22日)

Post in Business

Related Trend Watch

中部で放射線・原子力事故に備えた対応演習を実施 トゥアティエンフエ省で8月25日、「2017年トゥアティエンフエ省における放射線・原子力事故対応演習
少年が性的暴行未遂の上に家族を殺傷、自殺  北部カオバン省の民家で2月18日、19歳の少年が義姉に性的暴行未遂の上に家族を死傷させるという事件
2017年は消費者向け融資が65%増  国家金融監督委員会(NFSC)は先ごろ、2017年の消費者向け融資額は前年から65%増えたと発表し
高校の教室で天井材が 落下、生徒が負傷  ハノイ市内の高校で3月20日、教室の天井材が落下する事故が起き、生徒が病院で手当てを受けた。