イオン環境財団、「第2回ベトナム ハノイ桜植樹」を実施

 公益財団法人イオン環境財団は3月10日、ハノイ市のホアビン平和公園において、「第2回ベトナムハノイ桜植樹」を実施する。
 ハノイ市人民委員会は、環境保全活動の一環として2016年より「ハノイ市100万本植樹計画」を推進している。同財団はこの計画に賛同し、ホアビン平和公園が市民に愛される桜の新名所となることを願い、昨年に続き植樹を実施する。苗木は、ハノイ市と高温多湿な点で共通する九州で育った桜をもとに、ベトナムの環境に適応できるように種から育てたもので、500本を200人のボランティアの人々とともに植樹する。
 なお今年は、ベトナムと日本の外交関係樹立45周年にあたり、今回の植樹は在ベトナム日本国大使館より、日越外交関係樹立45周年記念事業の認定を受けた。
 同財団は、アジアを中心に世界各国で環境保全活動に取り組んでいる。ベトナムにおいては、トゥアティエン・フエ省ランコービーチにて2010年より3年間で7万5000本、ハノイ市郊外バ・ヴィ国立公園にて2014年より3年間で1万5000本を植樹した。また昨年は、同植樹の第1回として、ホアビン平和公園に200本の桜を植樹している。これらの植樹活動は、のべ3200人のベトナムと日本両国のボランティアの人々によって行われ、植えられた木々は両国友好のシンボルとなっている。
(引用元:公益財団法人イオン環境財団ニュースリリース 3月5日)

Post in Business

Related Trend Watch

海外留学中の大学院生、帰国中に公安関係者宅で強盗  5月9日、北部ハティン省にある公安幹部の関係者宅で強盗事件が発生し、容疑者の男レ・ディン・キエン(
1QのFDI、前年同期から25%マイナスに  計画投資省外国投資局(FIA)はこのほど、第1四半期(1~3月)に登録された外国直接投資(FDI)
ホーチミン市、新型インフルエンザ感染で3人死亡  チョーライ病院(ホーチミン市5区)によると、新型インフルエンザ(A /H1N1)の感染患者 1人の
ホーチミン市中心部での観光客への安全対策を強化  ホーチミン市1区では、外国人観光客の窃盗被害や露天商の押し売りなどの被害が発生している。  特に