アマゾンがベトナム進出視野、市場調査を実施

 米アマゾンがベトナム市場の調査を行っている。
 同社のベトナム進出が実現すれば、東南アジアではシンガポールに続く2番目の市場になる。
 Digital Service Integration社のブオン・マイン・ホアン最高経営責任者(CEO)は「アマゾンにより、米国製品がベトナムに向け売り込まれるというよりも、ベトナム製品の米国への輸出が後押しされるだろう」と指摘する。
 ベトナムのインターネット利用者数は人口の半分に達し、世界15位の規模。スマートフォン利用者数も5000万人近くに上るため、電子商取引(Eコマース)事業者にとって魅力的な投資先だ。Eコマース市場は2017年に前年から25%超伸びた上、このペースは2018~2020年も続くとみられる。
(引用元:THE VOICE OF VIETNAM 3月14日)

Post in Business

Related Trend Watch

ベトナム政府、日本企業の 対越投資条件を整備 ベトナム政府の公式ウェブサイトによると、フック首相は9月12日、ホアラックハイテクパーク(ハノイ市西
バイクがシクロと衝突、バイク運転の男性が腹部に重傷負い死亡  1月16日午前9時ごろ、北部ハイフォン市で、バイクとシクロが衝突する事故が発生した。  バイクを
求人企業の賃金下限、ホーチミン市が全国トップ  VietnamWorksによると、2017年に同社が取り扱った求人案件では、求人企業が労働者に提示
児童労働の関連法を整備  3月21日、労働傷病兵社会省と国際労働機関(ILO)は、児童労働関連法の整備に関する諮問会議を共催