アパレル小売り、越が重要市場に

 約1億人の人口を抱え、若年層の多いベトナムは1人当たりの所得が伸びていることもあり、アパレル小売会社にとって重要市場になっている。
 「Zara」をベトナムで展開するインドネシアのMitra Adiperkasaのベトナム事業の売上高は2018年上半期(1~6月)に9500億ドン(約4087万ドル)となり、前年同期から倍増した。同社は2016年9月、インドネシア以外では初めての店舗をホーチミン市に設置。その3カ月後にはハノイ市にも店舗をオープした。これまでMitra Adiperkasaにとってベトナムはインドネシアに次ぐ2番目に大きな市場となっているという。
 H&Mはベトナム事業で上半期に3220億ドンの売上高を確保した。H&Mは2017年末にホーチミン市にベトナム1号店を開設。現在は同市に2店舗、ハノイ市に2店舗の計4店舗を展開する。
(引用元:Voice of Vietnam 9月18日)

Post in Business

Related Trend Watch

金正男氏殺害事件、被告はVXガスとの認識ないと主張  昨年2月13日に金正男氏とされる男性がマレーシアで殺害された事件に関与したとして、殺人罪で起訴され
高級車で野生のトラを輸送  11月6日、北部タインホア省で、乗用車の中から生きた野生のトラが見つかった。  公安当局は、野生
双日プラネット、ベトナムで包装資材製造事業に参入  双日プラネット株式会社(以下「双日プラネット」)は、ベトナムの大手合成樹脂加工メーカーであるランド
中越間の貨物輸送道路が開通 9月11日、北部ランソン省の友誼関国境で、ランソン省人民委員会および中国の広西チワン族自治区政権の共