アパレル小売り、越が重要市場に

 約1億人の人口を抱え、若年層の多いベトナムは1人当たりの所得が伸びていることもあり、アパレル小売会社にとって重要市場になっている。
 「Zara」をベトナムで展開するインドネシアのMitra Adiperkasaのベトナム事業の売上高は2018年上半期(1~6月)に9500億ドン(約4087万ドル)となり、前年同期から倍増した。同社は2016年9月、インドネシア以外では初めての店舗をホーチミン市に設置。その3カ月後にはハノイ市にも店舗をオープした。これまでMitra Adiperkasaにとってベトナムはインドネシアに次ぐ2番目に大きな市場となっているという。
 H&Mはベトナム事業で上半期に3220億ドンの売上高を確保した。H&Mは2017年末にホーチミン市にベトナム1号店を開設。現在は同市に2店舗、ハノイ市に2店舗の計4店舗を展開する。
(引用元:Voice of Vietnam 9月18日)

Post in Business

Related Trend Watch

チュオン・タン・サン前国家主席夫妻、2000ドン食堂を訪問 9月18日、チュオン・タン・サン前国家主席夫妻が、ホーチミン市1区コンクイン通りの食堂「Nu Cuo
越人出稼ぎ者の多くが権利侵害に直面=労働総同盟が警鐘  海外で働くベトナム人労働者の多くが権利侵害を受けている――。ベトナム労働総同盟は4月26日にハノイ
クアン国家主席が死去、各国メディアが報道  チャン・ダイ・クアン国家主席が9月21日午前10時5分、ハノイ市にある108軍中央病院で、病気のた
勧めた酒を断られナイフで切り付け  北部ハティン省で2月18日、結婚式の参列客が傷害事件を起こし、男性6人が負傷した。  この事件で