週刊ベッター ベトナムニュース

第一生命ベトナム、サコムバンクと業務提携

第一生命ホールディングス株式会社の100%出資子会社であるDai-ichi Life Insurance Company of Vietnam, Limited(以下「第一生命ベトナム」)と、ベトナムのSaigon Thuong Tin Commercial Joint Stock Bank(以下「サコムバンク」)は、生命保険商品に係る20 年間の独占銀行窓口販売契約を締結し、9月6日にホーチミン市で業務提携を記念する式典を開催した。 サコムバンクは、ベトナム全土に約550の支店と、約1万5000人の従業員を抱えるベトナムで有数の大手民間商業銀行であり、豊富な顧客基盤を有している。同業務提携を通じ、第一生命ベトナムは、今後20年間、サコムバンクの広範なネットワークにて、独占的に第一生命ベトナムの保険商品を販売することが可能となった。 第一生命ベトナムは、ベトナムの生命保険業界において、業界第4位のシェア(収入保険料ベース)を有しているが、日本、インド、インドネシアなど第一生命グループ内で先行している銀行窓口販売ノウハウを活用しつつ、今後発展が期待される銀行を通じての保険販売を進め
post in

カエルエックス、Zaloでスタンプの配信を開始!

株式会社カエルエックスは、ベトナムNo.1メッセージングアプリ「Zalo」へスタンプの提供を開始した。 カエルエックスから配信されるZaloへのスタンプは、昨年に続き今回で6つ目となる(ベトナム向け:5スタンプ、ミャンマー向け:1スタンプ)。 今後さらに配信するスタンプの数を増やし、ベトナムの人々のライフスタイルにマッチするスタンプを制作するとともに、ベトナム国内をマーケットとしている企業向けに、商品、またはサービス販売促進用のスタンプ制作などを行っていく予定だ。 株式会社カエルエックスは、キャラクターなどの版権を利用したモバイルサイトの制作、運用を始め、各プラットフォームへのスタンプやカードゲーム等のコンテンツ提供、電子書籍サイトの開発まで、モバイルを中心とした業務を行っている。 コンテンツ開発、スタンプ業務では、LINEをはじめ、kakaotalk 、中国No.1メッセージングアプリWeChat 並びにMOMOなど、多くの国で代表的なメッセージアプリのスタンプを提供している。 引用元:株式会社カエルエックスニュースリリース 9月5日
post in

ホーチミン市1区で発生した窃盗、ひったくり事件で外国人も被害に

◇ひったくり被害 ①ファン・ボイ・チャウ通り56番地付近で、タイ国籍の男性(1959年生まれ)が歩いていたところ、突然バイクに乗った男が近づき、バッグを奪い逃走した。バッグの中には現金3万バーツおよび700万ドン、高級ブランドのサングラスなどが入っていた。男性は9月6日、1区公安に届け出た。 ②9月9日、レ・ライ通り-ファム・ホン通り交差点付近で、韓国籍の男性(1980年生まれ)が歩いていたところ、突然何者かが近づき、男性のバッグを奪い逃走した。バッグの中にはタブレッド、カメラ、高級ブランドのサングラス、現金280ドルおよび350万ドンなどが入っていた。男性はすぐに公安に届け出た。 ◇窃盗被害 ①ホー・トゥン・マウ通り95‐97番地の駐輪場で、ビンタイン区在住の女性(1980年生まれ)がバイクを預け、買い物から戻ってきたところ、バイク座席下の収納スペース(メットイン)に入れていたノートパソコンとタブレットが紛失していた。女性は9月4日、1区公安に届け出た。 ②ブイ・ティ・スアン通りのホテルで、男性宿泊客(1977年生まれ)がチェックイン時に車のキーを警備員に預けた。翌朝チ
post in

ハノイのオペラハウス館内見学ツアーが開始、高額な入場料に不満の声も

ハノイで9月6日、オペラハウス館内見学ツアーが正式に始まり、元公務員や退役軍人などの高齢者も多く訪れた。 同ツアーは歴史・建築・伝統芸能をテーマとして、オペラハウス専属ガイドの案内による各階の見学と、伝統音楽ショーなどの芸術プログラム鑑賞がセットになり、入場料は1人40万ドンとなる。 しかし、この日訪れた多くの人々が館内見学が有料であることや、芸術プログラム鑑賞付きと知らなかったため、チケット売り場では不満の声が多く聞かれた。新聞各紙では、オペラハウス見学は2つのオプション(「館内見学のみ」と「館内見学と芸術プログラム鑑賞」)があると報じられており、この日訪れた人々の多くが、「館内見学のみ」を希望していた。 オペラハウス側は、今年中は芸術プログラム鑑賞付きの館内見学ツアーのみを実施し、館内見学のみのツアーは2018年から実施するとした。 引用元:Tuoi Tre 9月6日
post in

ホーチミン市、路線バスの停留所に電光案内板を設置

ホーチミン市では、路線バスの一部停留所で電光案内板の試験運用を行っている。 電光案内板はホーチミン市公共旅客輸送管理センターが設置し、系統番号・待ち時間・バス停までの距離を表示する。試験運用では停留所2カ所(1区グエンティミンカイ通り、5区アンズオンブオン通り)に設置される。 同センターは、電光案内板の設置により利用者の利便性が高まるとしている。本格運用に向けて、今後1カ月で技術的な調整と並行して利用者の意見を募るという。 引用元:Tuoi Tre 8月31日
post in

ハノイ-バクザン省区間の高速道路にびょうが撒かれ、パンク被害が多発

9月6日、ハノイ-バクザン省区間の高速道路に落ちていた鋲(びょう)で、数十台のバイクや自動車のタイヤがパンクするという事故が起こった。 同高速道路の管理会社によると、同高速道路のバクニン省内の区間で、同日午前の時点で、多くのバイクや自動車のタイヤに鋲が食い込んだ。鋲は大半が緊急レーンに撒かれていた。被害に遭った車両台数は不明。 目撃者の話によると、現場では約3キロメートルの道のりに約50台のバイクや自動車がパンク被害に遭い、修理屋が現場に駆けつけたという。 管理会社はバクニン省交通警察に本件について届け出するとともに、現場で職員がパトロールや、鋲の撤去を行うとした。 引用元:Thanh Nien 9月6日
post in

ハロン湾のクルーズ船で乗員が乗客の現金を窃盗

9月2日、世界遺産ハロン湾(クアンニン省)のクルーズ船で、船客部門スタッフが乗客の金を盗むという事件が起こった。 n事件はMinh Huongツーリストのクルーズ船がハロン湾を遊覧中に発生した。 市公安は、このクルーズ船の乗員でクアンニン省在住のチャン・ヴァン・タン容疑者(1985年生まれ)を窃盗容疑で勾留した。タン容疑者は容疑を認め、窃盗したとされる現金900万ドンを全額返却した。しかし被害者側は、被害額は約1700万ドンだと証言している。 ハロン市人民委員会はクアンニン省内陸水路港湾局に対し、9月2日からMinh Huongツーリストの船舶3隻をハロン湾での出港や、ハロン湾での営業活動を一時停止すること、営業再開については市人民委員会が文書で正式に承認するまで一時停止するよう文書で正式に提言した。 引用元:Dan Tri 9月7日
post in

北部ハイフォンに国内最長の海上橋が開通

ハイフォン市で9月2日、国内最長の海上橋となるタンブー・ラックフェン橋」が開通し、記念式典が執り行われた。 式典には、グエン・スアン・フック首相、梅田邦夫駐ベトナム日本国大使、管轄官庁や関連機関の幹部らが出席した。 席上、フック首相は、タンブー・ラックフェン橋の開通により、ラックフェン港とハイフォン市や北部各省の道路間のアクセスが可能となり、重要な意味を持つと述べた。さらに、日本政府や日本国民の支援に対する謝意を示した。ベトナム側の関連機関と協力の上で予定工期よりも早く、品質を確保した上で橋が完成したことに謝意を示した。 この橋の建設プロジェクトは投資総額11兆8490億ドン、そのうち日本政府の有償資金協力(円借款)が501億7100万円となる。 橋は全長15.63キロメートルで、海上部(海上区間)は5.443キロメートルとなり、ハイフォン市ハイアン区とカットハイ島を結ぶ。 引用元:Thanh Nien 9月3日
post in

中部で放射線・原子力事故に備えた対応演習を実施

トゥアティエンフエ省で8月25日、「2017年トゥアティエンフエ省における放射線・原子力事故対応演習」が行われた。この演習の目的は、同省において放射線・原子力事故に備えての準備能力、発生時の対応能力、被害の克服能力を評価するため。 演習には、放射線・原子力安全局局長(科学技術省)、トゥアティエンフエ省人民委員会副委員長、近隣各省の科学技術局の幹部代表(コントゥム省、クアンガイ省、クアンナム省、ダナン市、クアンチ省、クアンビン省など)、中央直轄市・省の放射線・原子力安全技術・事故対応支援機関などが参加した。 演習シナリオは、「放射線関連機関の職員が、作業で使用した放射線源を貯蔵施設に戻す際に安全管理上の不備により放射線源が紛失。調べにより内部職員が放射線源を廃棄物関連機関に売却したことが判明。警戒レベル2の事件として放射線・原子力事故対応計画を実施」するというもの。 演習は関連機関の連携のもと想定通りに実施された。シナリオは、トゥアティエンフエ省で現実的に放射線・原子力事故として発生し得るリスクを基に作成された。 引用元:Dan Tri 8月26日
post in

福島にベトナム人観光客3000人を誘致、ベトジェットエアがチャーター便を運航

Vietravel社は8月25日、福島県知事およびベトジェットエアと会合し、ベトナム発福島着の直行便の運航について合意した。 具体的には、2018年2~4月に福島までの直行チャーター便15本を運航、観光客約3000人を見込む。ベトナム-福島間の直行便として、また福島空港が開港以来の最大規模のチャーター便となる。 チャーター便の運航により、ツアー料金は約3割抑えられるという。 引用元:Thanh Nien 8月26日
post in