Restaurant review 「この店 この味」

週刊ベッターに掲載された飲食店レビューのバックナンバーを公開します。

406_Itoramen02

グルメサイトNo.1のつけ麺! 一度食べたらクセになる

「食べログ」NO・1の有名店、「麺屋 一燈」の系列店である「豚骨 一燈」が、ホーチミン2区「Oishi Town」内にオープンした。同店は日本でもメディアに取り上げられており、ラーメン好きなら知らない人はいない有名店だ。 ホーチミンでも、開店以来多くの顧客をとりこにしている。看板メニューの「濃厚魚介つけ麺」は、6時間から8時間かけて丁寧に作った魚介と豚骨のうま味が凝縮した絶品スープ。日本より輸入しているこのスープに、柚子の風味をふわりと効かせ、カツオや煮干しの香りで濃厚なのに脂っぽくなく、一度
408pr_LaBete02

優雅な空間で味わう 本物のエージングビーフ

「Steak House & Cigar Lounge」をコンセプトとした「LA BETE」は今年2月にオープンした。周囲には農園が広がる閑静なところにある。イギリスで暮らしていたベトナム人オーナーが手掛けた店内は、間接照明と落ち着いた色彩の家具類でまとめられており、優雅な空間である。 オーナーのこだわりは、ドライエージビーフである。インタビュー中にも、そのノウハウを熱心に話されていたのが印象的である。(1)温度は1度~2度に保つこと (2)湿度は68〜80%に保つこと (3)強い空気
407pr_manten03

宴会シーズン到来! 楽しく騒げる中華料理店

10月でオープン半年を迎えたリンラン通りの、ハノイではめずらしい日式中華料理店「満天」。もうすぐ宴会シーズン、お店選びに困っているあなたにおススメしたいのが「満ぷく宴会コース」だ。リーズナブルなお値段でボリューミーな料理を味わうことができる上、「いいちこ」と「黒霧島」も飲み放題になる太っぱらなコースだ。さらに10人につき1枚、餃子が3カ月無料になる「満天ゴールドカード」がプレゼントされる。2階は貸し切り可能で最大26人までの宴会ができる。中華料理の大皿を囲んでのパーティーは盛り上がること間違いな
407pr_yoshino03

サイゴンで味わう本物の和食

近年、日本食人気がますます高まっている。クオリティーの高い日本料理店がひしめくサイゴンで、本物の和食を味わいたい方におすすめなのが「吉野」だ。 店名は日本の古く美しい吉野町(奈良県)からきており、格別のおもてなしと本物の和食を提供するという使命を意味している。「私たちは「吉野」を本物の寿司、刺身、鍋が味わえる理想の場所にしたいと考えています」と総料理長のチョイ氏は語る。新鮮な海鮮・食材を週に数回日本から仕入れ、シェフが腕によりをかけた料理が味覚を刺激する。特に四季折々の食材を生かした季節の料理
351_tachibana2

秋の夜長は個室居酒屋で温かい鍋料理を

長かったハノイの夏も終わり、朝夕は冷え込みを感じる季節になってきた。こんなとき、日本人なら食べたくなるのが温かい鍋料理である。 醤油と砂糖の味付けをした割下に牛肉、白菜、ネギなどを絡めて、溶き卵で食べる「すき焼き」。薄くスライスしたお肉をさらっと茹でる「しゃぶしゃぶ」も捨てがたい。 キンマー通りから徒歩5分、ゴックカイン湖のほとりにある「個室居酒屋たちばな」は、隠れ家的なお店として人気である。木目調の内装、間接照明で落ち着いた店内の1階はカウンター席、2階と3階は個室となっている。 「すき
406pr_wakana01

祝1周年 レタントンヘムの中の名店!

日本人街レタントン通りの「和食レストラン和香菜」がこの10月で開店1周年を迎えた。丁寧に作られる家庭的な料理が人気の同店では、日本食歴16年のシェフが毎日腕をふるっている。お米は丁寧に洗い寝かせてから、お味噌汁もカツオと昆布でしっかりとダシを取っている本格派だ。昼夜問わず定食があるのが同店の特徴のひとつで、ボリューミーで脂がのったサバをこんがりと焼き上げる「塩サバ定食」はいちばん人気だ! メニュー数も非常に多く、単品料理が約80種類、麺・定食系を約70種類用意している。今年の目標は、月替わりメニ
405pr_farmers04

ウエストレイクの北岸で陽気なスペイン料理をたのしむ

 9月、ウエストレイクの北岸にオープンした「West Lake Hanoi Farmers Market & Don Quijote」は、1階はスペイン料理レストラン、2階にはBarが併設されている。オープンな店内は、陽気なスペイン料理をたのしむのにぴったりである。  レストランでは、ハノイ近郊の提携農家から直接仕入れた新鮮な野菜や果物を食材として使っている。おすすめは「パエリア」である。大人数でワイワイと楽しみながら食べたい。「ピンチョス」もチェックだ。パプリカをオイル漬けにしたもの、魚をレ
405pr_birdie03

隠れ家のような癒やしの空間 ラグジュアリーなひとときを

ローカルのお店が並ぶ通りに、隠れ家のようにある「birdie club」。扉を開けると、上質な雰囲気のバーカウンターがまず目に入る。ランチの時間帯はカウンターの後ろに新鮮なダラット産のみずみずしい野菜が並ぶ。無農薬の生野菜が安全に食べられるのはうれしい。ランチメニューとセットで頼むと「サラダバー」が無料でついてくるので、バランスよくヘルシーなランチが楽しめる。ランチメニューは豊富で、ハンバーグやエビフライ、カレーやパスタなど人気のラインアップが勢ぞろいだ。 夜に行くなら、落ち着いた照明と重厚感
404pr_Trill04

SNS映えする内装が人気 ママ会、お子さんの会にも最適

旧市街の中心に位置し、その敷地は2000㎡と、最大級の広さを有するカフェ・レストラン。欧米風のメニューにアジアンなテイストをミックスしたお料理は、お子さんから大人まで気軽に味わえる。 「Instagram」の同レストランページを見ると、次々出てくる雑誌の1ページのような写真たち。ガーデンカフェをはじめ、80名収容できるパーティースペースなど、さまざまな楽しみ方ができる。パーティースペースは、結婚式や二次会、お誕生日会、企業のカジュアルなパーティーなどに使われている。カジュアルなブランチに最適な
404pr_gifuya01

こだわりの味を堪能! 毎日でも通いたくなるお店

 「こだわり」とは本人にとっては普通で当たり前だが、他人から見ると「驚き」を与えるもの。そんな「驚き」を岐阜屋で感じてみてはいかが。店主の「こだわり」が生きた数々の料理を堪能できる。  定番の「味噌カツ」もその一つ、店主の手にかかると、特製の土手煮をぜいたくにもぶっかけた味噌カツになる。「チキン南蛮」も珍しく甘酢を効かせて、あっさりと食べられるので、女性の方やコッテリが苦手な人でも無理なく食べられる。「カニクリームコロッケ」は長時間火にかけてコトコト練ったクリームソースで濃厚な味わいにして