Restaurant review 「この店 この味」

週刊ベッターに掲載された飲食店レビューのバックナンバーを公開します。

387pr_osakabig04

常連客をも飽きさせない!クセになるこだわりラーメン

 3月、多くの日本人が居を構えるファンケービン通りに「大阪ビッグラーメン」がオープンした。大阪出身の店主がこだわりぬいて作るラーメンはまさに日本の味だと評判を呼んでいる。  男性1番人気は定番の「しょうゆラーメン」だ。濃厚な鶏ガラのダシと濃いめの味付けが癖になる一品で、週に2~3回通う常連さんもいるという。女性1番人気は「塩ラーメン」。濃厚な「しょうゆラーメン」とは違い、かつおとこんぶのダシがよく効いたラーメンは真夏でもさっぱりいただけると好評だ。  4月からは新しくサイドメニューも仲間入り
387pr_azabu04

創業39年の老舗甘味処必食のお食事&スイーツとは?

 1979年に東京の南麻布で創業した甘味・お食事処「麻布茶房」が2区タオディエンにオープンした。和の雰囲気を現代風にアレンジした店内では、丼物・うどん・ラーメンなどの食事メニューや、懐かしさが感じられる和風スイーツが楽しめる。一押しの食事メニューは、自家製の甘辛いタレが決め手の「きじ焼き重」。柔らかく味わい深い鶏肉にふんわり優しい錦糸卵を添え、見た目にも鮮やかでごはんが進む一品だ。スパイシーな味付けが好みという方には、ピリ辛の奥にもまろやかさを感じるスープが特徴の「担々麺」がおすすめ。食後には、
386pr_takumi04

日本料理の味と文化にこだわり 月に1回「鮮魚祭り」開催

 ダオタン通りからリンラン通りに入ると、3階建ての建物に「匠」という大きな看板が見える。店内に入るとアオザイを着たスタッフが明るい笑顔とあいさつで迎えてくれ、料理人を見れば、キリっとした緊張感のある仕事ぶりだ。  2016年にオープンした「匠」2号店を仕切るのは、日本料理経験20年の岡内料理長である。岡内氏が掲げるポリシーは、「日本と変わらない日本料理のおいしさをベトナムでご提供すること」である。「言うは易く行うは難し」。食材、調味料や、だしの仕入れの難しさはもちろん、水や湿度、気温の違いを超
386pr_bbq04

手ぶらOK! 都会でBBQ! ビール30種と絶品ステーキ

 日本でも大流行のBBQスタイルビアレストランがホーチミン中心地の「MPLAZA」にオープンした。日本人経営による安心の品質とサービスで、ベトナム産クラフトビールを中心に30種以上のビールと「WOODWARD」社から仕入れたオーストラリア産牛肉をメーンに楽しい食事空間を提供する。同社の牛の特徴は、穀物を与えて飼育管理を行うことで家畜臭が少ない牛肉をそろえている。鼻が効く人には待ちに待った牛肉と言えるだろう。厨房で焼き上げるアメリカンスタイルと、その場で自分たちが焼き上げる日本式、どちらか選ぶこと
385pr_boeing01

奇抜な店舗内装と確かな味のとんこつラーメン

 「ボーイングレストラン」は、2013年にオープンした。今年5年目を迎える。  当時リンランエリアでは、とんこつラーメンを手掛けているお店はなかったことから、とんこつラーメンをメインメニューとしてスタートしている。とんこつをじっくり長時間かけて煮込んだ白濁スープは濃厚でクリーミー、こしがある自家製の細麺と組み合わせ、おいしさを引き出している。麺の茹で加減、味の濃淡、トッピングの選択など、日本語で書かれたオーダー表にチェックを入れることで自分好みの味付けに調整することができる。  しかし、「一
385pr_manzo04

最高の肉には極上ビールを! 肉バルで熟成肉を堪能しよう

 「気軽にバル感覚でお酒や食事を楽しんでもらいたい」との想いを込めてオープンした「Butcher MANZO & Craft Beer Bar」。イタリア語で「牛肉」という意味のMANZOを店名に掲げた同店では、シェフがイタリアで習得した技術を生かし、店内に設置した専用の熟成庫で熟成させたドライエイジングビーフが楽しめる。  ドライエイジングビーフは、適度な温度と湿度で保存することでうま味成分のアミノ酸が増量し、乾燥させることによって水分が減少して香りが凝縮されるので、通常の肉にはないジューシ
384pr_fukada04

文句なし!夏のスタミナ補給食欲を刺激する料理はいかが

 高級感ある佇まいでひと際目を引く日本料理店「ふか田」。料理長の深田氏は日本で20年、寿司屋や和食店で経験を積んだベテランの板前だ。店内には大きないけすがあり鮮度にこだわりが見える。カウンター席には寿司ネタケースがあるので目の前でにぎってもらえるのも魅力だ。  本格的な暑さが到来したハノイ。夏バテ予防に効果的なイチオシメニューは、丁寧に炭火で焼いたベトナム産の「うなぎの蒲焼」だ。歯ごたえのある肉厚のうなぎを自家製のタレで味わう。ビタミンなどの多くの栄養素を含んでいるうなぎは足を運んでまで食べた
321pr_masuo04

今年も山菜の季節が到来! 期間限定山菜料理を味わおう

 年中暑いホーチミンで、山の味を代表する“山菜”を食したことがあるだろうか。6年目を迎える日本家庭料理「ますお」では、山菜を使った料理を5~6月の期間限定で提供する。  店内に入ると大将とおかみさんが元気よく声をかけてくれる。日本のTVと漫画もありメニューも豊富だ。懐かしい思い出の味に出会える。日本の季節感を大切にしていて、毎年5月から6月にかけては山菜を使った天ぷらやおひたし、そばなどを用意してくれる。  きれいな水がないと育たない山菜は、おかみさん自ら日本へ仕入れに行く。だから数量・期間
301_Sumibozu02

炭火焼き鳥はもちろん 〆のラーメンもおすすめ

 今や、ハノイの炭火焼き鳥の名店として有名な「炭ぼうず」。もともとは神奈川の湘南において、長く営業をしてきた歴史あるお店であり、店内に飾られた写真や「サザンオールスターズ」のBGMから、それを感じとることができる。炭焼きメニューは、その日の朝に仕入れた新鮮な肉と野菜を丁寧に調理し、ベトナムから日本に輸出される備長炭を使ってじっくりと焼き上げている。特に評判が高いのはレバーである。レバーに苦手意識がある人でも、どんどん食べられてしまうほどだ。  炭火焼き鳥とお酒を楽しんだ後は、〆のラーメンが定番
383pr_imotaro02

ランチメニュー40種類以上昼夜OKの定食も大好評

 ホーチミンの「居酒屋いもたろう」は在住日本人に愛されて6年、今やレタントン通りの老舗と言っても過言ではない。その歴史を刻むさまざまなメニューの中から、ランチ定食は40種類以上を用意する。毎日食べても飽きない、毎回違う定食を頼みたくなる品ぞろえだ。  この豊富なランチメニューは、夜も提供されているので、カウンターで1人の晩ご飯も気軽に食べられる。「納豆海鮮バクダン定食」など、栄養もボリュームも満点の定食の数々は、白米がおかわりできるうれしいサービス付きだ。忙しいワーカーや在住単身者にはとてもあ