Restaurant review 「この店 この味」

週刊ベッターに掲載された飲食店レビューのバックナンバーを公開します。

331pr_nakanaka01

料理長のこだわりがつまった 魚料理をご堪能あれ!

日本食エリアからほど近いグエンチータイン通りにたたずむ「中なか」。お酒のつまみにピッタリの一品料理から、がっつり食べられる鍋やステーキなど充実したメニューが人気で、1人でも大人数でも利用できる。一度食べると、通わずにはいられない本格的な味をお手ごろ価格で楽しめるのは、長年ホーチミンの日本食レストランで活躍した日本人料理長が自ら厳選した食材を使用しているからだ。日本からの直送は独自のルートを確保している。 おすすめメニューは「アジの開き」。日本で屈指の干物の産地として有名な静岡県沼津市から直送し
325_tomato05

日本人シェフ常駐の本格 イタリアンをぜひお試しあれ!

本格イタリアンをお手ごろ価格で楽しめると、プレオープン時から早くも口コミで話題のカジュアルイタリアン「Trattoria Tomato」。 本場のイタリアでも修行経験のある、シェフ歴27年目を迎えるオーナーシェフ、田中氏は「日本人好みのおいしいイタリアンを気軽に楽しんでもらいたい。」との思いから開業。こだわりは「可能な限り既製品を使わず、すべて自分の手で作り出すこと」だ。料理のベースに「昆布だし」を使用し、和食特有の「うま味」を取り入れ、さらにベトナム産の調味料でいかに味を引き出すか、に日々挑
hotei

鮮魚もお酒もサービスも◎ 日本の居酒屋を楽しむならここ

鮮魚がウリの居酒屋「ほてい」は、オープンから3年目を迎え、メニューを一新。約60種類のフードに加え、元バーテンダーの店長、田中氏が取り寄せたお酒も充実している。こぢんまりとした店内だが、その分サービスが行き届いている。 おすすめは1日10食限定の「ほていのマグロ豪快盛り」。日本産「三崎マグロ」が、その名の通り豪快に盛られている。赤身だけではなく、脂ののったトロも入ったぜいたくな一品だ。赤字覚悟のこのメニューは、4月中の期間限定だったのだが、好評につき5月まで延長した。店長の太っ腹なサービスだ。
炙りもの3点盛り1

お酒とつまみを心ゆくまで 日本酒専門店が新規オープン

「もっとリーズナブルに日本酒とおつまみをたのしんでもらえたら」と、4月3日(月)に日本酒専門店「Saketaro」を新規開店。レタントンで人気を誇るあの「Imotaro」と「Nikutaro」の系列店だ。 店内はモダンな中に和の意匠でまとめられた趣きのある空間で、女性ひとりでもふらりと立ち寄りやすい雰囲気だ。常備30種類以上がオンリストされた日本酒はどれも粒ぞろい。するりと飲める軽いタイプから、どっしり系まで、幅広い味わいをそろえるだけでなく、自分の好きな日本酒を店内に持ち込めるところも魅力の
IMG_0262

厳選されたこだわり料理が充実 宴会場所はここで決まり!

タイ湖に位置し、本格的な日本食をお手ごろ価格で楽しむことができる「八十八商店」。日夜、常連客でにぎわう同店が2月にリニューアルオープンし、ますます利用しやすくなった。以前、地下にあった焼肉店が1階に移動し、ロースターを設置した個室が登場。2階には個室や、宴会にピッタリの大部屋が充実しているので、シチュエーションにあわせて利用可能だ。以前の内装とはガラリと変わり、白を基調としたモダンで清潔感のある店内となっているので、さらに女性1人でも入りやすい雰囲気になった。 今回のリニューアルオープンをきっ
P1000577

洋食好きにうれしい新メニュー 本格ハヤシライスはいかが

開店4年目を迎えた「Japanese Restaurant & Bar THE First」は、料理もドリンクも本格的なものを提供しており、ランチ、ディナーとも客足の途絶えない店だ。「大阪あべの辻調理師専門学校」を卒業後、レストランやバーで修業を積んだ日本人オーナーシェフ・多多納氏が食材の仕入れ、メニュー開発、料理やドリンクの指導、そして自ら調理場に入り腕をふるう。専門知識と本物の技術を持つ多多納氏の料理は、和食から洋食、酒のさかなまで幅広い。食材にもこだわっており、魚は日本から、肉はオ
さわら味噌漬け&寿司盛り

本物の味を楽しむならここ! こだわり鮮度のお寿司&和食

リンラン通りを入ってすぐに、高級感のある佇まいの日本料理屋「ふか田」が見えてくる。寿司や和食が中心だが、焼肉屋の「飛牛」を併設しており、どちらのメニューも楽しめる。料理長の深田氏は日本で20年、寿司屋や和食屋で経験を積んだベテランの板前だ。店内に入ると大きないけすがあり、鮮度へのこだわりが見える。カウンター席には寿司ネタケースがあり、目の前でにぎってくれるのも大きなポイントだ。 定番メニューは約50種類と豊富で、日替わりメニューもある。深田氏は毎日目で見て食材を選び、素材の良さを引き出すレシピ
canh bo

オーセンティックな料理を おしゃれベトナムダイニングで

「ベンタイン市場」近くにオープンした「Di Mai」は、モダンなデザインと伝統的なベトナムカルチャーをミックスしたおしゃれダイニングだ。タイルを敷き詰めた床や、店内中央に配した三輪車が、カジュアルで居心地の良い空間を作り出している。サラダ&バインミーセクションからホットディッシュコーナー、デザートステーションそしてバーカウンターまで、オープンキッチンスタイルをとっており、ベトナムらしい活気が感じられる。 気になる料理は、ベトナム各地のストリートフードから家庭料理までを幅広く提供している
メイン

いつもと違う雰囲気で楽しむ こだわりの洋食宴会ならここ

スアンジウ通りから1本入ったタイ湖沿いにある「Costa Del Sol MIJAS」。スペイン料理や洋食、パリの紅茶ブランド「KUSMI TEA」などを扱うカフェだが、インドの自然派化粧品などの販売、フェイスマッサージも行っている。 店主の上村氏は20歳からフランスに在住し、ソムリエ歴25年。ソムリエ修行時に学んだ料理の腕前も格別で、料理はすべて上村氏が調理している。冷凍食品などは一切使わず、付け合わせのフライドポテトからソースに至るまですべて手作りで、ここでしか出会えない味がある。仕入れに
IMG_3300

「広島お好み焼き」ならココ! 行きつけ店にしてみては?

グエンフエ通りから、第2のレタントン通りと言われているファンビッチャン通りに、今年のテト明けに移転した鉄板焼き屋「Muteki」。こぢんまりとしてアットホームな店内は、一歩足を踏み入れると、どこか懐かしい雰囲気が広がっている。日夜、常連客でにぎわっている同店には、確かな味とご主人の気さくな人柄に惹かれて、移転後も遠方から足しげく通う人が多い。 イチオシのオススメメニューは「広島お好み焼き」。広島出身のご主人が腕をふるって作るお好み焼きは、秘伝の甘辛いソースと麺・野菜が絶妙にマッチしている。食べ