製造業界の要望に ワンストップで応える ねじのスーパーを目指して

大阪市に本社を置き、創業80年に及ぶねじ卸としての在庫の豊富さと、自社プレス工場をはじめ協力工場での受注生産や、二次加工の幅広い実績を誇る「田原株式会社」。そのベトナム法人となる「TAHARA VIETNAM CO.,LTD」は、2014年からドンナイ省の「ロンドウック工業団地」で事業を行っている。同社の業務内容と今後の目指すところについて、Directorの曽我昌広氏に話を伺った。

ベトナムで展開する製造業をサポートするために
「TAHARA VIETNAM CO.,LTD」は、あらゆる製造現場で必要となるテクニカルパーツを、製造販売一体で迅速にサポートする会社だ。取引先業種は、家庭用電気機器、建設機器、物流機器、工作機械、医療機器、照明関連、エクステリア関連など多岐に及ぶ。どんな大きな機械や工場、建築現場でも、小さな「ねじ」一本がなければ完成しない。「ねじ」は決して目立たないが、まさに「要」となる大事な役割を果たすものなのだ。日本のものづくりの海外展開が加速する昨今、日系製造業を陰で支えるために「田原株式会社」は2014年、初の海外拠点をホーチミン市郊外のドンナイ省「ロンドウック工業団地」に設立した。ベトナムを拠点に選んだのは、「チャイナプラスワン」「タイプラスワン」の最有力候補地として注目を集める国であるとともに、その潜在能力に可能性を感じたからでもあった。

少人数運営でコストを抑え価格競争力を維持
日系のテクニカルパーツサプライヤーとして求められるのは「高品質」「低価格」「スピード」の3点だ。ローカルの企業には100%を期待することが難しいこれらの要素を、常に提供すべく事業展開する同社は、日本と同水準の高品質はもちろん、日本人常駐でスピード対応を行っている。価格の面でも、少人数で効率的な運営をすることで競争力を維持している。しかし同社の魅力はこれだけではない。自社工場や協力工場のネットワークを駆使し、小ロットの注文や修理用部品にも対応している。また、日本本社に導入した3Dプリンター「アジリスタ」を使用し、ベトナムから送る簡単なスケッチや二次元図面からの製品化を取り扱っている。3Dプリンターを使うと図面上のイメージだけでなく、実際に手に取って形状が確認できるため、精密造形にも大きなメリットがある。試作から生産まで社内で一貫して行うため、短納期と低コストが実現できる。さらに平面図面から3DCADデータへの変換サービスにも対応している。

活躍の舞台はASEAN全域へ
 現在ベトナム南部で事業展開する同社だが、今後はベトナムから日本への輸出、さらにはASEAN域内への進出も視野に入れている。2015年末にASEANが統合されたことにより、域内の貿易は今後ますます活発になることが予想されており、マーケット拡大のチャンスが期待できる。ベトナム国内においても、経済成長に伴う投資のさらなる増加や、流通システムの整備が進めば、さらに販路拡大が期待でき、より多くの製造業の役に立つことができると曽我氏は語る。「TAHARA VIETNAM CO.,LTD」は、テクニカルパーツのエキスパートとして、今後もあらゆる分野で「要」となる役割が期待されている。

(文/森沢・写真/武内)

■企業情報
社名:TAHARA VIETNAM CO.,LTD
電話:0613-681-750
住所:Long Duc Industrial Park, Long Duc Commune, Long Thanh Dist., Dong Nai Prov.,
URL:www.taharakk.co.jp
〈事業内容〉工業用ファスナー、ねじ類の製造販売
〈設立年〉2014年
〈代表者名〉Director 曽我昌広

Post in
IMG_2389

Related Nikkei Index

G.A.Consultants Vietnam CO.,LTD. 日本とアセアン各国を結び優秀な人材と企業をマッチング アジアの経済発展に貢献する 人と企業
HOGETSU VIETNAM CO.,LTD. 鋼板材加工・販売の「抱月工業」 日本の品質技術とクオリティーをベトナムの工場で実現 2012
株式会社エスパシオコンサルタント・有限責任会社エスパシオベトナム 投資のプロがアドバイス 今が買い時 ベトナム不動産チャンスを逃さず大胆に なぜ今が買い時な
売上の8割を占める木製パレット 月1万台以上の出荷量を維持 木製パレットとダンボール製造、出張梱包の3つの事業を展開中。将来はバイオマス発電事業も ベトナ